| 

07/09
リシマキア・ファイヤークラッカーについた雫

デジカメなので鮮明ではないですが

面白いんですよね 雫を撮るのは

雫


雫


雫


雫


雫

ギボウシ

07/08
梅雨の季節はギボウシの良さが際立っていると

思うのですが どうでしょうか?


ギボウシ(ホスタ)の種類も多くて楽しめる植物ですね。

放っておいてもどんどん増える種類から

どうして増えないの? と不思議に思える程

増えない種類など 

育ち方もそれぞれの個性があって

どの世界でも同じなんだな~って感じます。

ギボウシ180708 (1)


ギボウシ180708 (9)


ギボウシ180708 (8)


ギボウシ180708 (7)


ギボウシ180708 (6)


ギボウシ180708 (5)


ギボウシ180708 (4)


ギボウシ180708 (3)


ギボウシ180708 (2)




ヒメヒオウギズイセン

07/07
よく増える植物の中の一つヒメヒオウギズイセン

花には申し訳ないのですが 処分せざるを得なくて

昨秋も思い切ってすっきりとしてしまいました。

花には何の罪もないのですが・・・

ヒメヒオウギズイセン

球根で増えていきますが
球根が増え混み合ってくると花は咲かないです。


ヒメヒオウギズイセン


ヒメヒオウギズイセン
つぼみ



多年草(球根)
別 名 : モントブレチア  クロコスミア


※ 関連記事

ミニバラ

07/06
雨の中、ミニバラが懸命に咲いています。


ミニバラ

ミニバラ


ミニバラ

ミニバラ


ミニバラ

ミニバラ


ミニバラ

ミニバラ


今年の梅雨は例年に比べて雨の日が多く

黒星病に罹ってしまって災難なバラたち

それでも懸命に咲くバラたちの健気な姿に

バラの事 少しは勉強しないといけないなあ

苦手だと逃げているばかりだから・・・


消毒作業

これがあるから逃げているのですが・・・







サンゴバナ

07/06
サンゴバナ


サンゴバナは昨年初めて育てた花ですが

残念なことに冬越しに失敗してしまいました。
(非耐寒性の植物)

諦めていたところ

いつも色々な花苗を送ってくださる

花友のMちゃんから届いた荷物の中に

サンゴバナの挿し木苗が入っていました。


わ~っ!! 
冬越しに失敗したことがどうして分かったのかな~??

そう思いながらもラッキー!!\(^o^)/ と

万歳\(^o^)/したのは言うまでもありません。


今年こそは挿し木苗をしっかり作らなくては・・・

サンゴバナ


サンゴバナ

それにしても 面白い花ですね~。

サンゴバナ・・・ 別名はフラミンゴプランツ


名は体を表す

この言葉がふっと浮かんできました。

命名者は天才ですね。(^^♪



増やし方 : 挿し木


※ 冬越しは室内で8℃以上(検索による)



シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ

07/05
シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータは

斑入りの葉で白い花が咲くものをこう呼ぶそうです。

シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ

通常はシレネ・ユニフローラって呼んでいますが・・・


斑入りの葉って清楚で涼やかで大好き 💛

シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ

このシレネもお気に入りです。

花も可愛らしくほっこりさせてもらっています。

シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ


シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ

今は植木鉢に植えていますが
来春には花壇の縁取りに使おうかと思案中で
これから苗づくりをすべく挿し芽の準備をしておく予定です。


シレネ・ユニフローラ・ドレッツバリエガータ


ナデシコ科  多年草  
耐寒性あり (検索してみるとマイナス30℃まで??)
増やし方 : 株分け  挿し木(挿し芽)


このところ台風7号の影響もあり雨続きの日々
オルレアの採種後の片づけも出来ず 
その上、雑草が生える 生える・・・(@_@)・・・(T_T)
取っても取っても追いつきません。

見て見ぬ振りしているのに何故か目は草へ

♪♫ あ~ァ やんなんちゃった

つい昔の歌を口ずさんでしまう私なのでした。(^^♪



ヘメロカリス

07/04
ヘメロカリスは百合に似たきれいな花が咲きます。

ヘメロカリス

育て始めて30数年は経ちました。

ヘメロカリス


ヘメロカリス

よく増え 他の植物に影響が出た為

今春、半分以下に縮小してしまいました。



ユリ科  宿根草  一日花

増やし方 : 株分け





朝焼け

07/03
午前3時ごろ

夫がサッカーを見るために起床

つられて目が覚めてしまったが私はお布団の中

が、ふと障子を見ると障子がうっすらと赤くなっている


3時なのにもう朝焼け?

不思議に思って外に出ると

周りはまだ薄暗いのに朝焼けの空


コーヒーを入れて外に持ち出し

ぼォ~っと空を見上げていたが

刻々変わる変化が面白い


生きているんだな~ 空も!

朝焼け

写真は午前4時50分ごろの空






ブッドレア・ピンクデライト

07/03
ブッドレア

ブッドレアが咲くと

バタフライブッシュという別名がある通り

大型の蝶がほのかな香りに誘われよく飛んできます。


花に誘われてくる小鳥や蝶々

花を育てる中での楽しみの一つですね。

ブッドレア


蝶といえばこの春に一日だけでしたが

アサギマダラがやってきました。

慌ててカメラを持ち出し追いかけたのですが

少しもジッとすることなく立ち去って撮れませんでした。

余談話でした・・・(^^♪


ブッドレアは強剪定しても芽吹くので

安心してカットできるので助かります。

暑さ寒さにも強いですし・・・


別 名 :  フサフジウツギ(房藤空木) バタフライブッシュ
増やし方 : 挿し木



アサリナ・ミスティックローズ

07/02
夏を彩るツル性の花には

アサガオ、グラリオなどがありますが

アサリナも今では

夏の花としてよく見られる花となっています。

アサリナ


花色には真っ白、青紫などがありますが

我が家では以前は青紫もあったんですが絶えてしまい

今では優しい色のピンクだけとなりました。

アサリナ


アサリナ


アサリナはツル性で霜が降ると枯れてしまいます。


我が家では秋の内に挿し芽をして

他の鉢物と一緒に室内で(暖房は無し)越冬させ

苗の確保をしています。


勿論 種を保存して翌春蒔いてもいいのですが・・・



ゴマノハグサ科  春まき1年草(ツル性)

増やし方 : 挿し木(挿し芽)   種

春、こぼれ種で芽吹くこともあります。


※ 気にするほどの病害虫はないです。
※ 日当たりの良いところに植える(日陰は花が少ない)


スズランの木の花

07/01
秋の紅葉が美しいスズランの木ですが

花もスズランの木と言うだけあって

スズランのような可愛らしい花が咲きます。

スズランの木の花


スズランの木の花


スズランの木の花


スズランの木の花


スズランの木
全体像
元々ひょろっとした苗木だったので
育つのかと案じつつも
年が経った現在は
見上げるまでに育ち秋の紅葉を楽しんでいます。





西洋ニンジンボク

06/30
好きな花西洋ニンジンボクが開花し始めました。

西洋ニンジンボク

上品なほのかな香りがする植物です。


挿し木で簡単に増やすことが出来

放ったらかし状態でもいいのですが

花後に剪定するとまた咲くので楽しさは2倍

西洋ニンジンボク

冬季は落葉し春は遅めに芽吹きますが

新枝咲きなので春芽吹くまでの間剪定は可能なのも

整える場合は助かります。

西洋ニンジンボク

切り花にも出来ます。
今日 玄関の壺に飾りました。

西洋ニンジンボク


西洋ニンジンボク


西洋ニンジンボク

我が家では今のところ5本植えています。




耐寒性落葉低木
増やし方 : 挿し木  実生



モナルダ

06/29
我が家に咲くモナルダ別名ベルガモット、松明花(草)

モナルダ


モナルダ

↑ より 少し薄い色  ↓

モナルダ



モナルダ


育て始めは真っ赤な花でしたが
いつの間にか消えてしまいました。


修正 ↓

モナルダを育て始めたのは
真っ赤な花が咲く品種でしたが
今 その真っ赤な花の品種は無くなってしまいました。

けやきさん 言葉足らずの文で
ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。



ラムズイヤー

06/29
不思議な花ラムズイヤー

不思議というのはきれいなのかそうでないのか

私個人の意見ですが

見た目の区別がしにくい花だからです。

ラムズイヤー

ラムズイヤー

葉はフランネルソウに似ており

柔らかいビロードの感触です。


寒さには強いものの 蒸れには要注意

冬季は朽ち 春に芽吹いてきます。

我が家では大き目の鉢で育てています。


シソ科  多年草  ハーブ

増やし方 : 株分け

種で増やす事も出来るようですが
花後は直ぐに切ってしまうので採種したことはないので
分かりません。





リシマキア・ファイヤークラッカー

06/28
赤さが混じったカサカサとした感じの葉に

小さな花乍ら黄色い花がよく似合う植物

リシマキア・ファイヤークラッカー

ファイヤークラッカーとはなんとも勇ましい名前です。

リシマキア ファイヤークラッカー


リシマキア ファイヤークラッカー


リシマキア ファイヤークラッカー


リシマキア ファイヤークラッカー

芽吹き始めはもっと銅葉に近いような色でしたが
何故か薄れて
青味がかった色の葉になってしまいました。
ミモザの木の下なので日当たりが影響???

リシマキア ファイヤークラッカー

冬季は上層部は朽ち 春になって芽吹いてきます。


サクラソウ科   耐寒性宿根草
別 名 : リシマキア キリアータ(キリアタ)
増やし方 : 挿し木  株分け

※ 地下茎で増えていく
※ 日当たりが良いと花付きが良い







ソープワート

06/27
ソープワートの花が咲き始めました。

白くて爽やかさを感じさせます。

ただ

倒れやすい花なので早目の対処が大切なのですが

分かっていても ついつい後回しになってしまって

今年もしっかりと

倒れている花が多くなってしまいました。(-_-;)


ソープワート


ソープワート


ソープワート


ソープワート
  

ソープワート


ソープワート


宿根草・・地下茎で増えていきます。


別 名 : シャボンソウ  サポナリア

増やし方 : 挿し木  種   株分け

耐寒性あり









夏菊

06/26
田舎なら昔からある小菊は別として

菊とバラは育てる自信がないので避けていたのですが

そんな話を近くの花友さんに言うと

ほっといても育つからと言われていただいたのが

この夏菊です。


夏菊が咲くなんて我が家では初めての事

確かに放ったらかし状態ですが咲きました (^^♪

品種名は分かりません。

夏菊

ピンクの花はピンクアナベルです。

夏菊

こんな時季に咲く小菊もいいものですね~。
花友さん ありがとう

今朝の空

06/26
玄関先に水を撒きながら

空を見上げると朝焼けの雲

穏やかな朝


早朝なのにもう仕事に向かわれているのだろうか

何台かの車が通り過ぎていく


昨日も暑かったが(33.6℃)

今日も暑くなりそう (T_T)

今朝の空



原種アルストロメリア・プルケラ

06/25
どういう訳かこのアルストロメリア・プルケラ は

同じ場所に元々は植えていたのに

咲くのは集団??で咲かず

あっちこっちとバラバラに咲くのです。

毎年の事ながら

なんでかな~??って不思議に思う花なのです。

原種アルストロメリア・プルケラ


原種アルストロメリア・プルケラ


原種アルストロメリア・プルケラ

原種アルストロメリア・プルケラ は地下茎で増えていきます。
それにしてもアルストロメリアは同じ地下茎で増えますが
あっちにバラバラ こっちにバラバラというような咲き方は
しないんですけどね。

こういう咲き方は我が家だけ??

原種アルストロメリア・プルケラ







ルドベキア

06/24
ヒマワリを小型にしたような花・ルドベキア

見上げなくとも視線の先で花を観ることが出来

またこぼれ種からの発芽で移植させる事も出来

それに地を選ぶこともなく育てやすく切り花にも出来

夏をにぎやかに彩るルドベキアは

我が家にとっては無くてはならない花の一つです。


庭の一角にたくさん植えていますが

まだ咲いていないので

咲いている一部の花だけのアップです。

ルドベキア

白い花はアナベルです。 ↑
旬は過ぎたのであとはドライフラワー用に
もう少しの間 このまま置いておくつもりです。

ルドベキア

こぼれ種からの花です。 ↑  ↓

ルドベキア


増やし方 : 種  こぼれ種からも発芽します。




プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード