Category | ハ行の花&木

ホザキシモツケ

06/21
漢字表記は「穂咲き下野」

その通りに花は穂状に咲きます。

ホザキシモツケ


ホザキシモツケ

ホザキシモツケは山野草のようですが
これまで山で見かけたことはなく
山野でどのように咲いているのか見てみたいナ。

ホザキシモツケ


バラ科  落葉低木
増やし方 : 挿し木  株分け





ビヨウヤナギ

06/15
キンシバイやタイリンキンシバイにもよく似たビヨウヤナギ

違いは雄しべの違いでしょうか。

まるでクジャクが羽を広げたような派手さです。

美容柳


美容柳


     美容柳

ヤナギとあるは 葉が柳に似ているからだそうです。

美容柳

オトギリソウ科  多年草
増やし方 : 株分け  挿し木
漢字表記 : 美容柳  未央柳


バーベナ・ピンクパフェ

06/09
バーベナは可愛らしい花が咲く品種が多いですが

ピンクパフェもその名のとおり愛らしい花で

お気に入りのバーベナです。(*^_^*)

バーベナ・ピンクパフェ


バーベナ・ピンクパフェ

これまでは鉢植えにしていましたが
今季は挿し木(芽)したものを地植えにしています。

バーベナ・ピンクパフェ


バーベナ・ピンクパフェ


クマツヅラ科  多年草
増やし方 : 株分け  挿し木(芽)


ヒペリカム・ヒドコート

06/08
金糸梅と同じような花が咲くので

あれ? どっちだったっけ?? と思ってしまいますが

ヒドコートはキンシバイより花が大きいので区別は出来ます。

ヒペリカム・ヒドコート


ヒペリカム・ヒドコート


ヒペリカム・ヒドコート


ヒペリカム・ヒドコート


オトギリソウ科  半落低木
増やし方 : 挿し木
別 名 : 大輪金糸梅

ヒペリカム・アンドロサエム(マ)ム

06/08
ヒペリカム・アンドロサエムムは花もいいですが

花後の赤い実が愛らしい植物です。

いっ時ははまってしまって

挿し木で沢山増やしたものですが

コガネムシ?が沢山つく事から今は

大雪で傷んでも補充もせずにいるので

細々と咲いているのが現状です。

ヒペリカム・アンドロサエムム
かってはこの場所に ↑ 10数本植えていました。


ヒペリカム・アンドロサエムム


ヒペリカム・アンドロサエムム


ヒペリカム・アンドロサエムム


オトギリソウ科  半常緑低木
増やし方 : 挿し木
別 名 : 小坊主弟切草(コボウズオトギリソウ)



ブラシノキ

05/31
年々少しずつではありますが

開花数が多くなってきました。

見事な真っ赤さにびっくりします。

ブラシノキ

ブラシノキ

ブラシノキ

常緑性小高木
増やし方 : 挿し木  種
別 名 : カリステモン  キンポウジュ


※ 種でも増やせるそうですがしたことはありません。
   また 種からだと咲くまでに
   早くて3~4年ほどかかるようです。(ネット検索)


バラ

05/24
如何にもバラ! という程 端正な花姿のバラ

プレゼントなので品種名はわかりませんが

バラ

ばら

ばら

今年は沢山な花をつけ愉しませてもらっています。


ところが咲き始めの端正な花姿からは

思いもつかない姿へと変わり

驚きと楽しさとを持ったバラです。

その変わった姿がこちら ↓

ばら


バラ・アンジェラ

05/23
アンジェラはツルバラだそうですが

我が家はツルバラらしくありません。

剪定をし過ぎなのかしら??

でも ま、いいか!

可愛らしい花は

毎年観ることが出来ているんだから。

アンジェラ

アンジェラ

アンジェラ

アンジェラ

アンジェラ

アンジェラ


風知草

05/18
グラス類の中でも美しさはTOPクラス(かな~??)

こんもりと育った風知草(フウチソウ)

風が吹くたびに揺れる葉が

サラサラとした音を立て、なびく様子は

何とも言えない風情を感じさせます。

風知草

風知草

風知草


多年草
増やし方 : 株分け
別 名 : 裏葉草(ウラハグサ)

※ 風知草にはいくつかの品種があるそうで
  散り上げた風知草はキンウラハグサ(金裏葉草)らしいです。



斑入り大紅空木

05/17
空木も色々ありますが

斑入りの葉が美しい大紅空木を今回はアップです。

別名はウェイゲラ・フロリダ‘バリエガタ’

何ともややこしい名前です。

斑入り大紅空木

斑入り大紅空木

斑入り大紅空木

落葉低木
増やし方 : 挿し木


※ 参考 育てている空木
        バイカウツギ
        ヒメウツギ
 

バイカウツギ

05/15
庭に出るとどこからともなく香りが漂ってきます。

その香りの主はバイカウツギ

漢字表記は梅花空木

その字の如く花の形は梅の花に似ています。

バイカウツギ

バイカウツギ


何年か前に茶色い小さな虫が茎にいっぱいつき

気持ち悪くて株元からバッサリ切ってしまいました。


その後

ヒコ生えが出てきて鬱蒼とするほどまでに成長し

昨年は思い切った剪定をしましたので

昨年ほどの開花ではないですがそれでも

その美しい姿には見惚れます。


また

あの虫がついたら困るので

雪が降るまでにオルトランを根元近くに撒いたのが

功を奏したのか 偶然なのかそれ以来

虫の姿を見ることはなくなりホッとしています。

ちなみにネット検索してみると

虫の名前はタマカタカイガラムシらしいです。

バイカウツギ

バイカウツギ

バイカウツギ

バイカウツギ


落葉低木
原産地は日本
増やし方 : 挿し木


ホウチャクソウ

05/13
キバナホウチャクソウと比べると

ちょっと地味な花ですが

白と緑のグラデーションが爽やかで美しく

清潔感を感じさせます。

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

ホウチャクソウ


ヒメシャリンバイ

05/11
ヒメシャリンバイの漢字表記は 姫車輪梅 だそうです。

姫とあるはシャリンバイより葉が小さい事からきているとか

じゃあ 車輪 とは何を表すんでしょうね。

梅は花の形が梅に似ているから・・・

ヒメシャリンバイ

原産地は日本だそうです。
植物の中 日本原産とあると
嬉しく思ってしまうのは私だけでしょうか?

ヒメシャリンバイ


バラ科  常緑低木


ヒメウツギ

05/08
5月になると空木の季節になりますが

一足お先にとヒメウツギが満開となりました。

放ったらかし状態でも毎年花をたくさんつけ

とても丈夫で育てやすいヒメウツギです。

ヒメウツギ

ヒメウツギ

ヒメウツギ

ヒメウツギ

ヒメウツギ

落葉低木
増やし方 : 挿し木



ハクロニシキ

05/08
花は咲かない木なのですが

葉の色がピンク~白~白斑入りへと変化していき

花とはまた違った趣きがあってきれいです。

その後はただの緑だけの木になってしまいますが・・・

ハクロニシキ

ハクロニシキ

ハクロニシキ

ハクロニシキ


落葉低木
増やし方 : 挿し木


ヒメシャガ

05/06
気品ある色合い 花姿 

いずれをとっても魅力ある花の一つで

シャガのように勝手にどんどん増えないけれど

何とか増やしたいと力を入れて育てています。


日向より半日蔭向きで草丈は20~30センチ程度

病気らしい病気にも罹らず

冬季は上層部は朽ちますが春に芽吹き

育てやすい花です。

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

ヒメシャガ

多年草
増やし方 : 株分け


フクロナデシコ

05/04
花姿が愛らしいフクロナデシコは

桜の花に似ていることから

サクラマンテマとも言われています。

フクロナデシコ

一度植えておけばこぼれダネでも生えてくる程 

丈夫で育てやすい花です。


花壇に密植している地域がありましたが

まるで絨毯を敷いた様で美しかったですね~。

フクロナデシコ
これは ↑ プランターに植えています。

フクロナデシコ

フクロナデシコ

フクロナデシコ

一年草
増やし方 : 播種(秋蒔き)
別 名 : サクラマンテマ




斑入りアマドコロ

04/28
アマドコロが開花となりました。

白っぽさに緑が入って可愛らしい花です。

斑入りアマドコロ

斑入りアマドコロは丈夫で地下茎でよく増えます。

斑入りアマドコロ

斑入りアマドコロ

斑入りアマドコロ

斑入りアマドコロ

アマドコロにそっくりなのがナルコユリですが

10数年前

識者の方からの指摘で知った事ですが

アマドコロとナルコユリは別物なんですね。


簡単な見分け方は

アマドコロの茎に触るとカクカクした感じで

ナルコユリは茎に触ると丸くすべすべしています。


教えてもらったからこそ区別できますが

本来 見た目だけでは分からないですよね。


多年草 
増やし方 : 株分け  
        地下茎をそこらへポイッ!と置いただけでも
        芽が出る程強い植物です。
漢字表記 : 斑入り甘野老


フユシラズ

04/27
昨秋 遅くなってから種まきをしたので

漸くにして開花となりました。

フユシラズ

種は毎年自家採取していますが

こぼれ種からも発芽します。

陽が当たると開花しますが陰ると

閉じてしまいますので

植え付けは陽当たりの良い所が適しています。

フユシラズ

フユシラズ

フユシラズ


キク科  秋まき1年草
別 名 : 冬咲きカレンジュラ

ペルシカリア・レッドドラゴン

04/27
花は鑑賞には向かない程地味なので

この時季の葉の美しさが

メインの植物ではないかと育てている中で

そのように感じているペルシカリア・レッドドラゴンです。

ペルシカリア

ペルシカリア

ペルシカリア

耐暑・耐寒性もあり 丈夫で育てやすいですが

気温が高くなると葉の色は緑がかって

余り綺麗とは言えないかと思います。

冬は地上部は枯れて春になって芽吹いてきます。

タデ科  多年草
増やし方 : 株分け  挿し木(芽)


プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード