Category | ハ行の花&木

百日草

10/06
百日草は子どもの頃から知っている花ですが

花色はあの頃とはずいぶんと違って

とてもハイカラさんになって観る楽しさがあります。

百日草


百日草


百日草


百日草・ペルシャンカーペット
        ↑
これは百日草・ペルシャンカーペットという品種で
3センチ位の小さな花が咲きます。
丈は50~70センチ位になります。



ハマギク

10/01
清楚な菊・ハマギクは原産地は日本で

太平洋側(青森~茨城)に自生しているそうです。


我が家では10数年前から育てています。

挿し木(挿し芽)で増やすことが出来ます。


夏の管理は

日当たりが良いと葉焼けがひどくなるので

この点を注意すれば育てやすい花です。

ハマギク


ハマギク

香りは残念ながら菊のようないい香りではありません(-_-;)

ハマギク


キク科  多年草
増やし方 : 挿し木(挿し芽)










斑入りセイヨウダンチク

09/16
背高のっぽの斑入りセイヨウダンチクですが

タカノハススキと同じく穂が出始めました。

斑入りセイヨウダンチク
(写真は先日写したもの)

8月に半分以上剪定し

こんな植物もある!! 程度に収めました。

芽吹き時はきれいな斑入りでとても爽やかなのですが
       ↓  (参考写真: 2016年6月 写)
斑入りセイヨウダンチク


だんだん黄色くなっていき  ↓
やがて褪せた緑色へと変わっていきます。
タカノハススキと同じですね。

斑入りセイヨウダンチク
(参考写真)

タカノハススキ同様 斑入りセイヨウダンチクの株元にも

ナンバンギセルを咲かせています。  ↓

ナンバンギセル
今日9/16写したものです。


☆ ナンバンギセルはススキなどイネ科の植物に寄生し
   花後 粉のような種?が出来るのでそれを株元に撒きます。
  
  



フヨウ

09/07
よそ様の芙蓉は8月ごろから咲いているのに

我が家のフヨウは相変わらず遅れて

例年通りのこの時期からの開花です。


青空の下で咲くフヨウを写したいのに今日も雨 

小止みになった頃を見計らって写しています。

フヨウ


フヨウ


フヨウ


アオイ科  落葉低木
増やし方 : 挿し木(挿し芽)

ちなみに写真のフヨウは挿し木から大きくなったものです。


斑入りカリガネソウ

09/05
花には驚くほどいろいろな形があります。

その中で

この斑入りカリガネソウも不思議な形の花の一つ

帆掛け舟にも似ているとおり

別名は帆掛草


斑入りとそうでない品種があり

今日はその内の斑入りカリガネソウのアップです。

斑入りカリガネソウ


斑入りカリガネソウ

花の形の面白さに加えて
斑入りの涼やかな葉の美しさは夏の庭にはピッタリ!

花壇と花壇の間に植えているのですが
今年の暑かった夏にはこの涼しげな葉に随分と癒されました。

斑入りカリガネソウ


斑入りカリガネソウ

ただこの花には独特の臭いがあって
触るのは抵抗があるかも知れませんが
病害虫にも強く育て易く美しい花だと思います。

斑入りカリガネソウ

シソ科  宿根草
増やし方 : 挿し木(挿し芽)  株分け
別 名 : 帆掛草




プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード