赤ズイキ

09/18
赤ズイキをいただきました。

赤ズイキ


赤ズイキとは里芋の葉柄のこと つまり茎です。

食べ方の一つはこの茎の薄皮を剥き 茹でて酢の物にします。

この辺りでは「すすひき」と言って子どもの頃から慣れ親しんだお料理です。


そう言えば 

秋祭りのごちそうの中には必ずと言って良い程

この「すすひき」がお膳に並んでいました。


皮をむいたところ
薄皮を剥いたところ


茹でたところ
茹で上がったところ 茹でると色が落ちますが
この後 酢の物(酢、さとう、塩)にするので色は戻ります。


出来上がり これを すすひき と言います。
出来上がり  これを「すすひき」 と言っています。




スポンサーサイト
Comment
No title
おはようございます。
やっぱり雨ですねえ☔

里芋の茎が食べられるというのも
‘すすひき‘というお料理も初めて知りました。
ほのかな赤い色が綺麗ですね!

今朝の新聞に奥さま手帳、入ってました。
ホント!見てるだけで幸せになるような写真ばかりですね。
ちょっとずつ色々なおかずが乗ってるのも
でっかいステーキもそびえたつ穴子も全部食べたい!!
なおさんへ
おはようございます♪ なおさん

雨も2日続くと随分長く降っているように感じてしまいます。

里芋といっても茎が食べられる種類があるんです。
それでないとダメなんです。

奥さま手帳に載っていたお店
見ているだけでも幸せになりそうですから
食べればもっともっと幸せかも・・・私も食べた~いv-411



あっ・・・
おはようございます☂

あかずきんさんこれです・これです(^_^.)
もう二十年くらい前でしょうか、奥多摩の古民家で宿泊した際に、夕食に干した芋づる?を水で戻し油揚げ&蒟蒻&人参などと煮たものを食べたこと思い出しました。帰って近くのスーパーで見かけましたが、今はもうありませんね。あぁ~懐かしい食材でした(^_^.)

関西地方も大雨の予報ですね。お気をつけてくださいね。
けやきさんへ
コンニチワ~(^o^)丿 けやきさん

赤ズイキは茹でて酢の物にしますが
けやきさんが食べられたように干して食べたりします。

子どもの頃はどこの家でも作られていて 
冬の保存食用として 軒下に干されていましたが
今は田舎でも食生活が変わってきて 
干されている家は少なくなったような気がします。

我が家も春に種イモを探したんですが見つからず作る事が出来ませんでした。

薄皮を取るのも結構手間がかかったり
指がアクで真っ黒になったりするなど 好きでないとないと
調理をしたくないと思う人も多いと思います。

明日は大雨のピークになりそうですが
どことも被害が出ないようにと願うばかりです。

何事もほどほどがいいですね。

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード