欠礼ハガキ

12/02
 男は外から帰ってきても 風呂に入ればあとは自分の時間

 女の人はそんな訳にはいかないことを

 家内が倒れて 

 主婦とはこれほどまでに細々とした雑用がよおけあるのかと初めて知った


Hさんがそんな話をされていたと Oさんから聞いたのは今年の春先

そして 日が経ち

10月の終わりだったか 11月の初めだったか忘れたけれど

そのHさんにスーパーで顔を合わせ 立ち話

別れ際に

 お疲れが出ないようになさってくださいね と 言う私に

 健康は大事な事ですなあ~ と いわれ その言い方に

あれ? 何か違うな~となんとなく感じたものの 

確かにそうなのだからと思いつつも何かの拍子に

ひょいとそう感じた思いが浮かんできていました。


そして 昨日 

Hさんから欠礼ハガキが届きました。


文面には

「9月に息子の嫁が・・・」


あの時の言い方に あれっと思ったのは

そういうことだったんだ と、気づきました。


大変な毎日を過ごされていたのに 何も知らず

なんの慰みもお悔やみも言わず申し訳ない事をしてしまいました。 


欠礼ハガキ・・・

この一枚には厳しくも切なく重い現実があった事を改めて感じます。

残り紅葉 

朝もやの中の残り紅葉

  残り紅葉




スポンサーサイト
Comment
こんにちわ
寒さと共に欠礼ハガキが届き心の中も木枯らしが吹きぬけて行くようですね。

息子さんのお嫁さんがなくなるとはなんと言葉をかけてよいかわかりませんね。私の実家も一時大変だったこと思い出しました。

実家は長兄が継いだのですが子供は娘三人、長女が継ぎお婿さんを迎えましたが子供三人を残し急死。その後長兄が亡くなり、私の実家は義理の姉・姪のお婿さん・長兄の孫夫婦と子供三人の4世代家族で暮らしています。自分より若い人がいなくなるのはせつないですね。義姉が健在なので時々顔を出しますが何時も日帰りですね。
けやきさんへ
こんばんわ~☆  けやきさん

何という事なんでしょう。
けやきさん 辛い思いをされていたんですね。
何と申し上げていいのか・・・

ネットを長くお休みされていると 
何かあったのかな~と思うことがありますが
ネットの裏側 実生活では言葉にはならないご苦労があったり
また嬉しいことがあったりとそれぞれの想いの中で過ごされているんですね。

お義姉さまも言うにいえないご苦労 悲しみが沢山あったことでしょうが
けやきさんのお気遣いに癒されていらっしゃることでしょう。
おはようございます。
今年は喪中葉書の数が多いことに驚かされます。
近年はパソコンの普及で、自分で作成する人が多いようですね。
誰が亡くなられたのか分からない葉書が目立ちます。
それでは、言葉のかけようもないです。シニア世代となり、葉書に様々な推測をしなければならないのも悲しいものです。
deckyさんへ
コンニチワ~(^o^)丿  deckyさん

こちらは寒いながらもいいお天気になりましたが
そちらは如何でしょうか?

>誰が亡くなられたのか分からない葉書が目立ちます。

そうなんです。このハガキが一番困りますね。
かける言葉に戸惑いますから・・・

欠礼ハガキも以前とは様変わりしましたね。
控え目ながらも華やかさも感じますし
これもPCの普及から来ているんでしょうね。
 
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード