言葉を失う

03/13
冬の間に所有地の桜などが折れていないか 

 確認に行ってビックリ!!

桜は枝にも被害がなく元気そのもので一安心

しかし 

 その近くに植わっていたトクサの姿が影も形も無くなっている。

 結構広範囲に広がっていたのだが・・・   

鹿の食害

トクサが植わっていたところ ↑   ↓

鹿の食害


トクサだけでなく沢山生えている筈の葉わさびの姿も全然なし

それに周辺、あっちこっちのお茶の木全てが丸裸  ↓

鹿の食害

南天も丸裸  ↓

鹿の食害


近辺のよそ様の地所のハランも顔が届くところまで齧られている  ↓

鹿の食害


トクサもハランもバシバシで美味しく無い筈だか食害に遭っている

犯人は言わずと知れた鹿!

鹿の食害がここまで酷くなっているとは・・・

 言葉を失う


話が飛ぶけれど

最近 命日にお墓詣りする時

 意を決して(??) 供花を持って行かないことにし

 持って行くのはお線香とお水だけ お供え物も止めました。 

お花は鹿が待ってましたとばかり食べてしまい

 結局 餌付けをしているのではないかと思ったからなのです。

 お仏壇のお花、お供えは勿論の事きちんとしています。

 だから ご先祖様も許して下さるでしょう。

もっとも お盆はそうはいかないでしょうけどね。(^^♪


鹿も年々 大胆になっていきます。

 電柵も何のその ピリッ! とするも

 あ~ これ位の事か! と学習するのでしょうか。

隣村の人の菜園は電柵で囲われていましたが 先日 入ったようです。 

 これまでは電気が切れた時以外は入らなかったのに。

今年もまた 鹿 鹿・・・と言い続けるような一年になりそうです。

 ほんまに困ったことです。

 なんとすれば いいのやら・・・???


スポンサーサイト
Comment
………
あかずきんさん、おはようございます。

本当に凄まじい鹿害ですね。
あっちもこっちも、あれもこれも、なんですね。
こちらでもちょっと離れた所はイノシシ、鹿の被害が酷くて、手広く趣味の菜園を楽しんでいたセミプロの方は、とうとう畑仕事そのものを辞めたとききました。
広い畑だから、柵を作るにも半端ないお金がかかりますものね。
鹿、イノシシの他に、なんと河原のほうでは「野菜泥棒」も多くて、少量を頻繁に盗っていくらしいです。
最初は見逃していたようですが、皆さん、困り果てています。
被害のほとんどは家庭菜園で、一生懸命育て、さて…の段になると、といいます。少量といっても元が少ないので、気落ちしますよね。

サイクリングロード添いなので、昼間チェックにきたり、散歩を装ったりと、低級なことです。
動物も腹立たしいけれど、人間は許せません。
deckyさんへ
おはようございます♪ deckyさん

獣害 鳥害は年々広範囲にそして酷くなっていくようで
対応策をあれこれ考えてもその上を行くのですからどうしようもありません。

育てた野菜の被害もさることながら
「どうせ 作っても・・・」
私も含めて皆さんの作る意欲が失せるのが一番怖いです。

その結果が先祖代々受け継いできた田畑が荒れて放棄田となり
野生の動物の棲家となって自然が壊される・・・

また
意欲が無くなって何もすることなく ダラダラの日常になって
その結果 健康面でも支障が出て医療費など
若い人たちへの負担が加速する・・・

こんな構図になるのが目に見えるようで本当に怖いです。

自生する貴重な山野草も絶滅の危惧になっていることも確かなようです。

何事も失ってからでは遅すぎますから早急な対処 お願いしたいものです。

そちらでは獣害だけでなく人による被害も出ているのですね。

それも悲しい話ですね~。

こっちまで悲しくなりました。
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード