Archive | 2015年07月

永遠の0

07/31
テレビで放映があったら 必ず見なきゃあ! と、

常々 テレビ欄を注意深く見ていたのですが

やっと 今日 観ることが出来ました。


映画の題名は 永遠の0

いまその余韻の中でPCに向かっていますが

物語の内容は 

 本なり 映画等で知っておられる方が多いでしょうから省きますが

 知らない人たちはぜひ 機会があれば見て

 自分で感じてほしい そのような映画でした。


 戦争が終わったあとに残るのは悲しみだけ

 それはいつの時代であっても同じ筈

世界中が

 戦争という言葉が 死語となる日が近い事を祈らずにはおれません。




フシグロセンノウ
フシグロセンノウ

ショウジョウソウ
ショウジョウソウ

スポンサーサイト

いただき物

07/30
小さなシイタケを沢山いただきました。(ざっと150個ほど)

いただき物のシイタケ

昆布と一緒に炊きたかったのですが

生憎 昆布のストックが無くて取敢えずシイタケだけを炊き(煮る)

冷ましてから冷凍ストック

出かけた折に昆布を買ってきて 一緒に炊こうと思っています。

これもお盆の帰省子の食事準備です。



蒸しますね~

07/29
今日もまた 蒸し暑い日となりました。

ただ暑いのは何とかなっても 蒸し暑さは体の芯がシャンとしません。

体力の消耗がどんどん加速するような錯覚を受けます。


そんな時は一休み ひと休みと言いながら だらりんこ

この暑い夏もあとひと月もすれば少しは落ち着くでしょう。

それまでの辛抱 シンボウ p(*^-^*)q ファイト!



フシグロセンノウ

フシグロセンノウ  ↑   ↓

フシグロセンノウ



雨のプレゼント

07/27
午前中は晴れていたものの

予報通り 午後になって雲行きが怪しくなり

やがて雨が降りだしました。


高い気温が続き乾ききった地や花たちには潤いが

そして私も水遣りから解放され

ゆったりとした時間を持つことが出来ました。

嬉しい雨のプレゼントでした。


ドリコス・ ラブラブ
ドリコス・ ラブラブ

ミソハギ
ミソハギ


※ 今日の気温 34.2℃


稲穂

07/26
今日も暑くて37.6℃

車の中ではクーラーが効いているので暑さは無いけれど

降りた途端に一気に暑さが体を包む

その暑さといったら どうにもこうにもならない暑さ

いつまでこの暑さが続くのやら・・・


その暑さを受けて稲は順調に育ち 

もう稲穂が出揃っている水田もチラホラ見られるようになってきました。

もうひと月もしたら稲刈りが始まることでしょう。


月日の経つ早さを実感!

稲穂が出ました


稲穂


稲穂の花


■ 豊岡の気温 37.6℃    最高気温は館林の38.8℃
ちなみに昨年の今日の気温は38.7℃(メモ帳より)


37℃

07/25
体温をはるかに上回った今日の気温

群馬の伊勢崎の37.4℃

37.1℃が3カ所

そして37.0℃の豊岡

ランキングは5位だけど実質は3位の暑さ

まいった まいった・・・である。


参考までに
観測史上の最高気温は高知県 江川崎 41.0℃ 2013年8月12日
なお
最低気温は北海道  旭川 ー41.0℃  1902年1月25日
だそうです。



蜘蛛の巣
蜘蛛の巣


ドリコス・ ラブラブの莢・・・種
ドリコス・ ラブラブの莢

日本一

07/24
36度の予想気温

暑くあるのを覚悟していたが なんと今日の最高気温は36.6度

気象庁の観測地ランキングを見ると

ナント! なんと!

   最高気温日本一!  \(^o^)/ ・・・ 万歳はオカシイかな

明日もまた暑くなるとか

とにかく体調管理 しっかりしなくっちゃ 

   p(*^-^*)q ファイト!


午後7時20分ごろ 夕焼け


午後7時20分ごろ 夕焼け


夕焼け


夕焼け

刻々と変わる空を見るのはとても楽しいものです。

梅干しの炊き込みご飯

07/23
いつだったか テレビの郷土料理の中で梅干しごはんというものを知り

夏になるとついつい梅干しの炊き込みご飯を作ってしまいます。


我が家の梅干しは今のように減塩するととても持たないので

昔ながらの塩味しっかりのしょっぱい梅干しなのです。

それに自家製の梅なので大きな大きなサイズ

その梅干しなのですから塩分は相当入っているので日常的には

買った小粒の梅で作った梅干しを食しているので

大きな梅干しはずっと漬けたまま残り続けています。


そんな訳でその大きな梅干しを使っての梅干しご飯を炊いています。

梅干しの炊き込みご飯と言っても 白米の中に 粒のまま梅干しを入れ

炊きあがってから 梅を潰して混ぜるだけのなんとも簡単なご飯なのです。


酸っぱさと塩分がちょうどいい味を出し

夏、食事が進みます。


この日は白米は5合 梅干しは3個

梅干しごはんを炊きます。

二人で5合も食べるの? と、言われそうですが

冷凍ご飯のストックが無くなったので作っておくために5合炊きます。


アレンジはいろいろあるようですが 私はシンプルにこの方法オンリーです。

その内にいろいろな具を入れるようになるかも知れませんが。




変なお天気

07/22
雨の予報 午前午後とも70%

起きるとまだ雨は降っていない

急いでコーヒーだけを飲んで外へ飛び出す

雨が降らない内に 雨が降らない内に・・・と

  まるで呪文でも唱えるかのように胸の内で呟きながら


することはただ一つ

 それは 草引き

 雑草との闘いが今日もまた始まる

いつまでかかるか・・・

とにかくエンドレスの闘いなのです。 フウ~ッ


七時半ごろになるとお腹がすきだし

 家の中へ

汗びっしょりなのでシャワーを浴びる

これもまた毎朝の習慣となった六月、七月であるが

シャワーがあればこそ! と いつも有り難く思う

いい時代を過ごさせてもらっていると。


午後になって一時雨になったが 大したことはない

しかし

テレビを点けてびっくりする

土砂降りの映像  気象警報のテロップ  高い気温


   いま、この日本で何が起きているんだろう





ルドベキア
ルドベキア


アブラゼミ
アブラゼミ

感電事故

07/21
電柵(電気柵のことをこちらではこのように略して言っています)で感電?

   まさか! 

   ほんとに?

ニュースを聴いて びっくりしました。

電柵でこんなことがあるなんて思いもよらなかったからです。


鹿の出没で甚大な食害を受ける当地でも 

 広範囲に電柵が張り巡らされている集落も沢山あります。


敢て 電柵が施されているところに入る事は無いし

我が家では電柵でなくワイヤーメッシュで防護しているので

どの程度の電流が流れているのか知る由もないのですが

それでも感電という事は有り得ないと 勝手な思いを抱いていました。


野生の動物の増加

その対策によるあってはならない事故

持って行き場のない感情はどこにぶつければいいのでしょうか。




ヤブミョウガに止まっているキアゲハ  ↓

キアゲハ


キアゲハ


キアゲハ


ラベンダー
ラベンダー  ↑ 









 


梅雨明け

07/20
台風が過ぎ去り 暑い一日となり(豊岡は34.8度)

近畿地方は梅雨明けとなりました。

これから 更に 暑い 暑い夏が始まるかと思うと気が重くなりますが

炎天下 工事の現場で働いていらっしゃる方々の事を思うと

そんな事は言ってられない

しっかり食べて しっかり睡眠をとって万全を期さなきゃあ!!

    p(*^-^*)q ファイト!  p(*^-^*)q ファイト!  

人工巣塔のコウノトリ
人工巣塔のコウノトリ

床の尾連山
遠くの山は床尾連山





ドライフラワー

07/19
毎年 アナベルをドライフラワーにしています。

今年は雨が多くて花が傷んでしまいドライフラワーにするには

ちょっと遅きに失した感が無きにしも非ずでしたが

傷んだところは乾燥後 取り除けばいいか! と やってみました。

アナベルのドライフラワー




乾燥は上手くいきましたが やはり 傷んだところは茶色くてよく目立ちます。


ところでドライフラワーを作られておられる方も多いかと思いますが

どのようになさっているのでしょう。

この時季は梅雨時で湿気も多く 自然乾燥は難しいものですが

意外にも簡単な方法があります。

それは車の中に入れておけばいいのです。

このアナベルは台風前に切り取り 

台風の間の2日間 車庫の中の車内に入れておきました。

雨の2日間でしたが 茎までしっかり乾燥しています。





蝉の殻
蝉の殻 

パイナップルリリー

パイナップルリリー    ↑   ↓

パイナップルリリー
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード