Archive | 2013年09月

何の幼虫?

09/30
幼虫

草取りをしていたら ボタンクサギの葉の裏に黄色いものが・・・

なんだろうとひっくり返してみると大きな幼虫

結構 似たような幼虫を見ることはあるけれどこんな黄色いのは初めての事

何の幼虫でしょうか?


コムラサキ

コムラサキの実

コムラサキ
スポンサーサイト

真綿の想い出

09/29
今日の空

真綿のようなふんわりとした雲

真綿と言えば

子どもの頃
布団づくりをしている母のお手伝いを思い出しました。

真綿の両端を引き伸ばして綿の上に載せるお手伝い
綿で鼻がくすぐったかったなあ

そう言えば
布団綿の打ち直しをし 業者からふわふわの綿が届いて
ペッシャンコだった綿がこんなに膨らむのかとびっくりしたことなども思い出しました。

なつかしいなあ あの頃も・・・

今日の空



庭の花
          秋海棠

庭の花
          メランポジューム     



タイワンホトトギス

09/29
タイワンホトトギス


     ユリ科  宿根草
     増やし方 : 株分け  よく増えます。

タイワンホトトギス


タイワンホトトギス


日の暮れ

09/27
ずいぶんと日が短くなりました。

もしかして遅くなるかも知れないと
屋内の洗濯場に干していた洗濯物が5時ごろ帰って来たのに
もうちょこっと湿っている。

夏は夕方の5時ごろ干しても7時頃にはすっきり乾いていたのに・・・

秋は確実に来ていますね~。
2,3日までまでは30℃を超していたはずなのに・・・


コウノトリ ↓

コウノトリ


コウノトリ


コウノトリ


コウノトリ


椿が咲き出しました

09/26
西王母

我が家で一番早く咲く椿・西王母(せいおうぼ)につぼみがつき

今日は少し開きました。

一時は大雪で根元付近から折れてしまいどうしようかと思いましたが
添え木をつけて縄で括り付けたのが功を奏し
今は元気に育ちホッとしています。

ちなみにこの西王母は
金沢に江戸時代から伝わる名花 と言われているそうです。

西王母


今日の空 
昨夕 久しぶりに雨となりましたが
今朝には回復
気温も20度台となって爽やかな素晴らしい空模様となりました。

中央に見える山は床尾山

フヨウ

09/26
フヨウ

アオイ科  多年草

増やし方 : 挿し木


フヨウ

かぼちゃの皮剥き

09/25
沢山獲れたカボチャ
近年は長持ちする品種もあって
冬越しもある程度までは出来るようになりましたが
美味しい内に下処理して冷凍保存もしています。

今日はカボチャのサラダを作りました。

といえば久しぶりにしたかのように聞こえますが
カボチャのサラダは大好きで週一 頻繁に作っています。

ところでカボチャの皮むきは
皆さん どのようになさっているのでしょうか?

包丁でそがれているのでしょうか?

カボチャの皮むきは皮むき器(ピーラー)を使うと簡単なのです。

縦向きに使うと滑って剥けませんが
横向きに剥くと面白いほどスルリと剥けるんです。(下の写真)

ぜひお試しを!

皮を剥いたカボチャ
食感を残すため 皮を少し残しています。



森の中のシャンデリア?

森の中でこんなシャンデリアを見つけました (^_-)-☆

アサギマダラ

09/24
アサギマダラ

今年は山に入る度にアサギマダラをよく見かけます。

美しい紋様に逞しい行動
この小さな生き物が何千キロと渡っていくとは信じられなくとても不思議に思います。

アサギマダラ


アサギマダラ


アサギマダラ


アサギマダラ


アサギマダラ


アサギマダラ


お彼岸

09/23
今日はお彼岸の中日

午前中 お墓詣り

その後 夫は高校時代の同級生のお墓詣りへ

若いころから仕事に明け暮れ 

忙しい中 人の為ばかりに時間を割き

人が喜ぶことを優先する人だった。

今もあの世でゆっくりすることなく人の世話をされていることでしょう。


コウノトリ

走行中 前方 空中高く舞うコウノトリを発見!!

コウノトリの優雅な飛翔姿は何度見てもうっとり

しばし時間を忘れるほどの幸せ気分を味わう

飛んでいる2羽のコウノトリ見えるでしょうか。

コウノトリ
影絵のようなコウノトリですが・・・

サルビア

09/22
サルビア

花の片づけをしていたら陰になっていたサルビアの花が顔を出してきました。

もともと多年草だそうですが 非耐寒性なのでこの辺りでは無理 

一年草扱いとなりますが

毎年 こぼれ種で芽吹いてきます。

サルビア
これは未だつぼみ

シソ科

花の片付け

09/22
先日の大雨で夏の花たちが倒れたり傷んだりしてとても汚くなり

もう花が望めなくなった株から片付けることにしました。

トレニア、アゲラタム、ダンゴギク、ショウジョウソウ、アルテルナンテラ・ポリゴノイデス、メランポジューム・・・

汚くなった花とはいえ

今年の暑い夏 酷暑の中 お互いに乗り越えてきた同志達との別れ

ちょっぴり寂しさを感じます。

来年用の種 荒地に持って行きます。
これは私有地の荒地に持って行き寝かせておきます。
種が出来ているので来年芽吹きそこには花が咲くでしょう。

お月様

09/21
朝の月

早朝5時43分ごろ 外に出ると昨夜十六夜(いざよい)の名残月が
西の空にまだ残っていました。

今年は宵待月を始め十五夜、十六夜もとても素晴らしいお月様を
眺めることが出来ました。

立待月の今夜は少しお月様も欠けていますが美しく輝いています。

千年に一度の猛暑だとか何十年に一度の大雨だとか
とかく波乱の年で気持も萎えそうでしたが
ここにきて美しいお月様を堪能できたことはとても有り難い事でした。

朝の月

午前五時四十三分ごろの月 ↓  ↑

朝の月

※ 参 考
十三夜 → 宵待月(十四夜) → 十五夜 → 十六夜 → 立待月(十七夜) → 居待月(十八夜) → 寝待月(十九夜) → 更待月(二十夜)


アサガオ  ↓
アサガオ


アサガオ


アサガオ
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード