FC2ブログ
Category | 黄色・緑系の植物

皇帝ヒマワリ

11/18
昨年の10日ごろには沢山咲いていた皇帝ヒマワリですが

今年は暖かさが災いしているんでしょうか

今日現在では昨年ほど咲いていません。

皇帝ヒマワリ

皇帝ヒマワリは皇帝ダリアと同じように背高のっぽの花なので

皇帝ヒマワリ

見上げても全体を観るのが難しく

写真も撮り難いですが

花自体はとても美しく 切り花にも出来る素晴らしい花です。

皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ



キク科  多年草
増やし方 : 挿し木
別 名 : ニトベギク


もう一株 別場所に植えているのですが
こちらは挿し木からなので少し草丈は低いので
こちらだったら 全体画像が撮り易いのに
まだ咲いておらず写真は撮れませんでした。




スポンサーサイト



ツワブキ(斑入り)・天星

10/31
日当たりの良いところに植わっているので

今夏の暑さで葉焼けを心配しましたが

何とかじっと耐えたようです。

ツワブキ 天星


ツワブキ天星


キク科  多年草
増やし方 : 株分け




菊(ポットマム?)

10/28
バラ、菊づくりは苦手で多少はあるものの

あまり持っていなかったのですが

昨年

植えとけばほっといても丸くなるから・・・と

近くの花友さんからいただき育て始めた菊


言われた通りひと芽ずつ植えたところ立派な菊が育ち

それに味を占めて??今年は昨年にも増してたくさん植えました。


お陰様で贅沢に切り花に使うことが出来

また

仏花にも困ることもなく

本当にいいものをいただいたと喜んでいます。

菊


菊

間隔を狭めて植えている為 連なって咲いています。


菊


菊


菊


菊

キバナアキギリ

10/10
昨年も同じことを言っていたように思いますが

シュウカイドウやカリガネソウなどを片付けていると

今年はもう無くなってしまったのかと思っていた

キバナアキギリがヒョイと顔を出しました。

キバナアキギリ


キバナアキギリ


今年こそ 

もっと分かりやすいところに植え替えしなくっちゃあ

と、改めて思った次第ですが

あ、それと挿し木して増やしておかないと

絶えてしまうかも知れない・・・


兎に角 明日にでもしておこう 忘れない内に



メランポジューム

10/07
真夏には見事な花が咲いていたメランポジュームが

そろそろ終盤を迎えています。


春まきの1年生の花ですが

一度植えれば毎年こぼれ種で咲き

その数の多さに戸惑いを感じる花でもあります。

メランポジューム


メランポジューム


メランポジューム


メランポジューム

09/06
メランポジュームは1年草ですが

こぼれ種でとにかくよく芽吹きするので

一度植えると次は種を蒔く心配をしなくともよい

花だろうと思います。

害虫の被害もないですし

兎に角逞しい花であることには間違いないです。


メランポジューム


メランポジューム
写真の上の方に黒っぽい葉はウラムラサキです。


メランポジューム


キク科  1年草



ルドベキア

06/24
ヒマワリを小型にしたような花・ルドベキア

見上げなくとも視線の先で花を観ることが出来

またこぼれ種からの発芽で移植させる事も出来

それに地を選ぶこともなく育てやすく切り花にも出来

夏をにぎやかに彩るルドベキアは

我が家にとっては無くてはならない花の一つです。


庭の一角にたくさん植えていますが

まだ咲いていないので

咲いている一部の花だけのアップです。

ルドベキア

白い花はアナベルです。 ↑
旬は過ぎたのであとはドライフラワー用に
もう少しの間 このまま置いておくつもりです。

ルドベキア

こぼれ種からの花です。 ↑  ↓

ルドベキア


増やし方 : 種  こぼれ種からも発芽します。




大輪金糸梅(タイリンキンシバイ)

06/14
春先は黄色い花が多かったのですが

ここにきて 

また 黄色い花が目立つようになってきました。

梅雨の憂さを払いのけるかのように・・・(^^♪


今日のアップはタイリンキンシバイ

別名はヒペリカム・ヒドコート

鮮やかな黄色い花が周りを明るくしています。

ヒペリカム・ヒドコート


ヒペリカム・ヒドコート


ヒペリカム・ヒドコート



増やし方 : 挿し木


余談話 (^^♪

梅雨のこの時期は挿し木も失敗が少なくて助かります。
毎日 剪定したり 切り花後などの茎を挿し木をしています。
差し上げると喜んでくださるので張り合いもありますし
咲いたと喜んでいただくとこちらも嬉しくなります。

家の前に花が全然見られない地域があれば
例え 
街中で庭がなくとも
家の前に飾られた沢山な鉢植えの花
また 玄関先に
たった一鉢だけの大きな花が置かれ
そのニクイ演出を感じるお宅など形は様々ですが 
知らぬ地域 お宅であっても花に元気をもらったり
癒されたり 和ませてもらいつつ
運転しながら通り抜ける事があります。


2,3年前になるでしょうか
ひょんなことからMさんと花の話になり
段ボール一杯の花の苗を差し上げました。

かって勤めていた頃は随分と花に凝り
お金も沢山使ったと言われていましたが
勤めを辞める頃には花とは距離が出来てしまったそうです。

後日 
貰った花苗で昔を思い出すことが出来
あ~ こんな楽しみ方もあったんだ・・・と、話されていました。

Mさんとかっては
同僚だったTさんもMさんに刺激を受けられた様子で
花づくりに勤しんでおられるようです。
この方にも花苗がお嫁入しました。

地道ながらも少しずつ花友さんが増えていく喜びは
地域に花を! と、願っている私にとって
最高の喜びです。

こうした喜びを感じながら過ごせるのも
事あるたびに花苗を届けてくださる
花友さんには改めて感謝するばかりです。








イトバハルシャギク

06/12
イトバハルシャギクの別名は宿根コスモスといい

コスモスによく似た花が咲きます。

イトバハルシャギク

宿根草なので一度植えたらほったらかし状態でも

毎年開花となりますが

混み合って窮屈な状態になり

株分けしたくても株が張り過ぎて 

あららァ~@@となります。


写真の花は挿し木苗からですが

いまじゃあ 先ほど書いた通り

株が張り過ぎて

どうにもこうにもならない状態となっています(-_-;)


イトバハルシャギク

冬には地上部は枯れ 春には芽吹きます。

イトバハルシャギク
我が家は花が終わったら 切り戻し 
それを挿し木用に利用しています。


増やし方 : 挿し木  株分け

別 名 : 宿根コスモス



ビヨウヤナギ

06/10
おしべが長くて派手派手のビヨウヤナギ

美容柳

ビヨウヤナギを美容柳と漢字表記するそうですが

だからこんなに派手なんやわ~って思ってしまいます。

美容柳


美容柳

見た目には美しい花ですが
切り花には不向きでただ育てている!だけの
といえば 花が怒るかも知れません。

増やし方 : 挿し木




ヒペリカム・アンドロサエム(マ)ム

06/09
花よりも赤い実の方が知られていると思います。

赤い実は生け花などにも使われていますから・・・


見た目には無理に見えますが

意外にも挿し木で簡単に増やすことが出来ます。


今朝 庭先を掃いていると

いつもウォーキングされているSちゃんが通られ

「ウチもEちゃん(私の事)に貰った枝が挿し木でつき 

 赤い実が可愛いので今も挿し木で増やしている」 と

話されていました。
※ 少しずつ挿し木仲間が増えています \(^o^)/

ヒペリカムアンドロサエムム


ヒペリカムアンドロサエムム


ヒペリカムアンドロサエムム



黄輪草

06/04
キリンソウは

放ったらかしでもよく育ち

コップに挿すと発根する程で

挿し木(挿し芽)も簡単でまた地も選ばない

丈夫な花です。

キリンソウ


キリンソウ


キリンソウ


キリンソウ



増やし方 : 株分け  挿し木(挿し芽)



リシマキア・イエローボール

06/02
イエローボールはずいぶん前から育てていたのですが

有る時期から我が家の絶滅危惧種になってしまい

慌てて保存に頑張った結果(挿し木で増やしました)

お陰様で復活となって

また愛らしい花を観ることが出来るようになり

ホッとしています。

リシマキア・イエローボール


リシマキア・イエローボール


リシマキア・イエローボール


サクラソウ科   常緑多年草

別 名 : リシマキア・コンゲスティフロラ(こちらが本名かも?)

増やし方 : 挿し木(挿し芽)  株分け



ネコヨラズ

05/25
ネコヨラズは強くはないですが

柑橘系の匂いがするハーブです。

ネコヨラズ

ピンクの花はバラ・アンジェラです。

ネコヨラズ

柑橘系の匂いは猫が寄らないということで

ネコヨラズとついているそうです。


ミカン科  多年草

別 名 : ヘンルーダ

増やし方 : 挿し木(挿し芽)   種








ニシキギの花

05/02
ニシキギは

花よりも秋の紅葉の見事さが好まれる木ですが

優しい色の若葉、いっぱい咲く小さな花

そして 

赤い実、冬はニシキギ特有のコルクのような枝と

四季を通じて楽しめる面白い木です。


育て始めてもう40数年は経っていますが

元々は知人からいただいた、ひと枝の挿し木からでした。

ニシキギ


ニシキギ


ニシキギ


ニシキギ


増やし方 : 挿し木

※ 世界3大紅葉の一つ



モッコウバラ

04/24
バラの管理といえば大変な作業

とても私の手には負えなくて育てる事は無理!無理!


しかしながら

花後の剪定と誘引だけの世話くらいできれいに咲く

モッコウバラだけは別


害虫にも強く 強健なので助かります。

こんな良いバラの花があって良かったと

開花の季節が来ると感謝するばかりです。 <(_ _)>

モッコウバラ


モッコウバラ
右下に見えるモッコウバラは誘引したもの ↑  

その部分を大きくしたものが こちら ↓
モッコウバラ



こちらは別場所のモッコウバラ 生垣代わりとなっています。
上のモッコウバラの挿し木苗です。 ↓
内側から写したもの(2枚)
モッコウバラ


モッコウバラ



外側から見たモッコウバラ  ↓
モッコウバラ
下葉はシラユキゲシ

モッコウバラ


モッコウバラ


モッコウバラ


バラ科   
ふやし方 : 挿し木(挿し芽)
花言葉 : 純潔  初恋  素朴な美


ラナンキュラス・ゴールドコイン

04/21
2.5㎝位の小さな花ですが

ラナンキュラス・ゴールドコイン

沢山咲くとインパクトがある楽しい花です。


這性の植物でランナーを延ばしながら増えていきます。

ラナンキュラス・ゴールドコイン


冬も戸外で越すことが出来(多年草)

切り花にして楽しむ事も出来ます。


増やし方 : 株分け  挿し木(挿し芽)





ツルオドリコソウ

04/14
ツルオドリコソウは斑入りの葉 黄色い花

見た目には可愛らしい花です。


ツルとつくものの暴れまわる様なツルではないし

オドリコソウとつく同じ外来種の

ヒメオドリコソウは猛烈な繁殖力で

あっちこっちと群生していますが

このツルオドリコソウは育てている中では

怖いような繁殖力は感じません。

また 簡単に引っこ抜けるのも有難い。

ツルオドリコソウ


ツルオドリコソウ


ツルオドリコソウ


ツルオドリコソウ
写真左上 ↑ の細長い葉はナツズイセンの葉で

春は葉だけが出てやがて朽ち 夏になると花が咲きます。


余談ながらヒメオドリコソウが周りにも進出してきました(T_T)
わが庭には侵入しないようにと必死で立ち向かっています。(^^♪

それにしても外来種の強さはどこからきているんでしょうか?
在来種が脅かされないように・・・と 願うばかりです。




ミモザ

03/28
一部が開花したと思っていたら

あれよあれよという間に開花が広がり

只今満開状態

ミモザ


ミモザ


ミモザ


ミモザ


足が悪いのにわざわざこの木を押し車に乗せて

我が家に持ってきてくださった隣村のCさん


植え込んで翌年には花がつき

その旨をCさんに報告すると

我が家では咲かなかったのに咲いたとは・・・と

驚かれた顔が今でも忘れることが出来ません。


そんな訳でミモザが咲くと

毎年Cさん宅にお届けしているのですが

今年もいそいそと訪ねてみると

チャイムを鳴らしても返事はなく

お留守かと思ったがどうも生活感が見られない。


どうされたのかと訊こうと周りをきょろきょろするが

近くを通る人の姿もない。


諦めての帰り道

知人が布団干しをされているのを見かけ

声をかけると

Cさんは詳しくは分からないが施設に入られたとの事

高齢で一人住まいだったので

生活する中で周りに人がいる・・・

それだけでもどんなに心強いか

そう思って私も安堵


反面 

花を届けるといつも嬉しそうにされていた顔が

見られないのは寂しい限り


訊ねた知人に

良かったら代わりに貰ってもらえませんか?


ミモザってどんな花ですか?


説明する代わりに

車の中からミモザの切り花を出し渡すと

快く引き取ってくださる。


知人もCさんと同じ区内の人だから

ミモザも里帰りしたと喜んでいることでしょう。

きっと・・・




ヒメリュウキンカ

03/18
春は黄色い花が多いように感じますが

庭のあちこちでヒメリュウキンカが咲き出し

その感が一層強くなりました。

ヒメリュウキンカ


ヒメリュウキンカ


ヒメリュウキンカ


ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカは

リュウキンカと混同される事が多いですが

大きな違いはヒメリュウキンカはどこでも咲きますが

リュウキンカは水辺や湿地に咲きます。


但馬の山歩きで初めてリュウキンカを見たのは

水が流れる岩場でした。

そんな場所だったので近くに行く事も出来ず

美しい写真ではないですがその時の

リュウキンカを貼ります。  ↓

リュウキンカ

リュウキンカ






続きを読む
プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
椿 (3)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード