FC2ブログ
Category | 白系の植物

セリバオウレン

03/01
雪が無い今年の冬だったこともあり

セリバオウレンが早々と咲き出しました。

例年より20日程早い開花です。

セリバオウレン


セリバオウレン


セリバオウレン

花は1㎝にも満たない大きさで
山野草でもあり 早春の妖 とも言われています。

一時 山野草に凝った時期もあり
山野草店や 通販などで買ったりしましたが
山野草はやはりその地に合った花ゆえ
難しくて多く枯らしたり消えたりしましたが
このセリバオウレンはお陰様で細々ながら
毎年開花しています。

キンポウゲ科   宿根草



スポンサーサイト



ダイモンジソウ

10/24
今夏は暑過ぎる程暑かった夏でしたが

何とかダイモンジソウが開花しました。

ダイモンジソウ


清楚な雰囲気にホッとした安らぎを感じる花です。

ダイモンジソウ


ダイモンジソウ

名のとおり しっかりとしたの形になっています。

ダイモンジソウ



マユハケオモト

10/21
花として 

何これ? と 思うような花が結構多いですが

このマユハケオモトも変わった花の一つと言っても

過言ではないかと思います。


こんな大きなブラシを眉のメイクに使うとなると

IKKOさんではないですが

どんだけェ~!! ですね。 (^^♪

マユハケオモト


マユハケオモト


マユハケオモト

冬は室内に取り込んでいます。



ヒガンバナ科  宿根草
増やし方 : 株分け 
別 名 :  ハエマンサス・アルビフローラ



ジンジソウ

10/18
今夏の特別な暑さに負けてしまったのではと

心配しましたが

他の花の陰になっていたのが幸いしたのか

何とか今年もジンジソウが開花となりました。


といっても

気づくのが遅くなってしまって旬は過ぎたようです。

ジンジソウ


ジンジソウ


花の形はユキノシタにそっくりです。

それも道理 ユキノシタ科なんですから・・・


ユキノシタ科  多年草



ペルシカリア・レッドドラゴン

10/11
春先 ペルシカリア・レッドドラゴンのは美しいので

彩りに使っています。


花は米粒のような小さな花で目立つほどではないですが

それでも目いっぱい生きている喜びを振りまいているように

感じる事があります。

ペルシカリア


ペルシカリア



シュウメイギク(白花)

10/06
シュウメイギクのダイアナより遅れて

白花のシュウメイギクが

日ごと花数を増やしてきました。


大好きな花なので

もっともっと沢山増やしたいと思っています。

シュウメイギク白


シュウメイギク白


シュウメイギク白


シュウメイギク白


Sさん 
いただいた白花のシュウメイギク
写真のとおり元気いっぱいに咲きました。
これからも大事に育てていきたいと思っています。

ありがとうございました。 <(_ _)>





ハマギク

10/04
ハマギクは日本原産の山野草と聞いています。

ハマギクとの付き合いは十数年前

当時、

花卉農家だった同級生からいただいてからとなります。


真っ白い花の清楚さは清涼剤

暑かった夏に草臥れてしまった体に沁み込みます。

ハマギク


ハマギク


ハマギク


キク科  多年草
増やし方 : 挿し木(挿し芽)

※ 強烈な夏の太陽光線に葉焼けする事が欠点ですが
   育てやすい植物です。





ギンモクセイ

09/23
金木犀より穏やかな香りが漂うようになり

傍に行くとギンモクセイが咲いていました。


金木犀の匂いは苦手だというと

大抵の人が

 なんで? 良い匂いなのに・・・ とおっしゃいます。

子どもの頃から苦手なのです。

金木犀と栗の花の匂いだけは・・・(^^♪

あ、それとコンニャクの花の匂いも苦手です。


銀木犀の匂いは好きです。

ギンモクセイ


ギンモクセイ


ギンモクセイ


ギンモクセイ


ギンモクセイ



白い朝顔

07/22
暑い夏というよりも

熱い夏 とでも言いたくなるような日々

今日の全国最高気温は岐阜県郡上市八幡の39.8℃

信じられないような暑さが続いています。


お越しくださっている皆様

どうぞ くれぐれもご自愛くださいますように。


アサガオ


アサガオ


アサガオ


あ、今、午後5時8分

急に雷鳴が聴こえました。

ひと雨 来るのでしょうか?


※ 追記 22:09
   雷さんは 音だけよ~・・・でした。
   雨が降らず 菜園の野菜にも被害が出始めました。




ユーフォルビア・ダイヤモンドスター

07/17
冬を乗り越えた挿し木苗ユーフォルビア・ダイヤモンドスター

当初はどうなるのかと案じましたが

真っ白い爽やかさが暑さを和らげるかのように

綺麗に咲き出しました。

ユーフォルビア

茎を切ると白い液が出てきますが

触るとかぶれますので要注意です。

ユーフォルビア


ユーフォルビア

何とか育つことだけを念頭に入れていましたが
ここまで育つと剪定して樹形を整えなければ・・・

ユーフォルビア


増やし方 : 挿し木(挿し芽)

※ 日当たりの良い風通しの良いところで育てる
※ 寒さに弱いので冬は室内





パイナップルリリー

07/15
パイナップルリリーはその名の通り

パイナップルによく似た形の花で

なんともユニークな愛らしい花です。


種類も色々とあるようですが

我が家ではこの種だけです。


暑さ、寒さにも強く

また、

地植えにしていますが放ったらかし状態でも

毎年 開花する程 丈夫な育てやすい花です。


以前は鉢植えにしていたのですが

球根が増えて根詰まりをしたこともあります。

パイナップルリリー


パイナップルリリー


別 名 : ユーコミス

増やし方 : 分球


※ 日当たりのいいところで育てる



初雪草

07/12
昨年 何年かぶりに育てた初雪草ですが

種を採るのを忘れて

 まっ! いいか! と、諦めていたのですが 

春になってこぼれ種から芽吹いてきました。\(^o^)/

こぼれ種からの芽吹きは草は困りますが

花の種は思いがけないプレゼント

とても有難く思います。

初雪草


初雪草

初雪草は毒草なので要注意です。

初雪草



増やし方 : 種(春蒔き)


※ 関連記事




桔梗・白花

07/11
昨年より10日程早く桔梗が開花

桔梗


桔梗は秋の七草のひとつですが

夏本番はこれからなのに

早々と咲き出しました。

桔梗

暑さは苦手なので花であっても

秋の気配を感じられるのは大歓迎です。\(^o^)/

桔梗

咲く時にポンと言いそうなつぼみ

まるで手作り風船みたいですね。


増やし方 : 挿し木(挿し芽)  株分け  種




ソープワート

06/27
ソープワートの花が咲き始めました。

白くて爽やかさを感じさせます。

ただ

倒れやすい花なので早目の対処が大切なのですが

分かっていても ついつい後回しになってしまって

今年もしっかりと

倒れている花が多くなってしまいました。(-_-;)


ソープワート


ソープワート


ソープワート


ソープワート
  

ソープワート


ソープワート


宿根草・・地下茎で増えていきます。


別 名 : シャボンソウ  サポナリア

増やし方 : 挿し木  種   株分け

耐寒性あり









クチナシ:八重咲

06/23
見ていなくても

あ、クチナシが咲いている! と、すぐ分かります。

そうなんです 香りがするから・・・


八重と一重のクチナシを育てています。

香りは一緒ですが 花の雰囲気は

八重の方が柔らかさを感じます。

クチナシ


クチナシ


クチナシ


増やし方 : 挿し木



アジサイ/墨田の花火

06/17
アジサイの中で有名な品種は沢山ありますが

この墨田の花火も然り・・・


初めて見た時は

なんて綺麗なアジサイなんだろうと思ったものでした。

墨田の花火


墨田の花火


墨田の花火


増やし方 : 挿し木



クチナシ・一重咲

06/14
庭の中

いい香りに誘われて近づくと

クチナシの花が咲いていました。

クチナシ


クチナシは三大香木の一つで

他の2つはジンチョウゲ、キンモクセイだそうです。

また クチナシはその名前から

良いも悪いも取れる言い伝えがあるらしく

育てている身にはちょっと複雑な気がしますが

「朽ちない」・・・

朽ちる事がないことから

縁起の良い木と言われていることを信じることにします。(^^)v

クチナシ


クチナシ


クチナシ


クチナシ



増やし方 : 挿し木



玉咲下野草

06/10
うっかりしている間に咲き進んでしまい

花の傷みが目立つようになってしまいましたが

とりあえず記録としてのアップです。

玉咲下野草


玉咲下野草

我が家では鉢植えと地植えで育てています。

玉咲下野草
こちらは葉です。
葉も綺麗な形で美しいですね。


多年草
増やし方 : 株分け

 日照不足は花が咲かない




  

オオバギボウシ

06/10
我が家のギボウシの中で

一番早く花が咲く大葉ギボウシ

昔っからあったギボウシの様で

春になって芽吹き、そして花が咲くと

先祖供養をしたような気分になってしまいます(^^♪

オオバギボウシ


オオバギボウシ


増やし方 : 株分け



アジサイ・アナベル

06/09
6月は梅雨の季節

色々なアジサイが梅雨期を明るくしています。


そんな中 

アメリカアジサイの別名を持つアナベルも

庭の中 軽やかな雰囲気を演出しています。

アナベル

花後の剪定は直ぐにしなくてもよい品種なのも助かります。
雪害に遭わないように我が家では12月頃しています。

アナベル


アナベル


アナベル


アナベル

今、10株程植え込んでいますが
最初の1本以外は全て挿し木から増やし
お嫁にも随分と出しました。

開花の連絡をもらうと
よかった よかったホッとしています。\(^o^)/

また 切り花で今季既に100本以上差し上げました。
珍しいお花だ・・・と、喜んでもらっています。

挿し木は簡単で発根も早く
大概 翌年には開花となります。

またドライフラワーにも出来るので
それを作るのも楽しみの一つです。



プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
椿 (3)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード