FC2ブログ
Category | ピンク系の植物

頑張った皇帝ダリア

12/11
今年は初雪は降ったのですが

未だ霜が降りずにいるので

皇帝ダリアが今以て咲き続けています。

皇帝ダリア



霜に弱い皇帝ダリア(短日性の為開花は11月頃から)

やっと咲いたと喜んでいたら次の日、霜

あっという間に終わりを告げ

  大きなため息をついた 

そんな年もありました。


来年用の苗木つくり(挿し木)は既に終え

まだきれいなので あとは咲き終わるまで

このままにしておこうと思っています。

皇帝ダリア



咲き終わったら 

根元に草やもみ殻などをしっかり積んで防寒をし

来季に備えようと思っています。


この写真のダリアは毎年そのようにして越冬させています。


お嫁に行った先々から

 今年も皇帝ダリアの芽が出てきました

そんな嬉しい言葉が来年も聞く事が出来ますように


写真の皇帝ダリアは菜園で育てている分です。

菜園
ウチの菜園



スポンサーサイト



アニソドンティア・ピンククイーン

12/02
昨年の今頃は沢山な花が咲いていたのに

今年は何故か開花が遅れていて未だ数輪だけ

蕾は沢山出来ているのですが・・・


明日から雨がずっと続く予報なので

いいお天気の間に撮れたアニソドンティアをアップです。

アニソドンティア


アニソドンティア


アニソドンティア


増やし方 : 挿し木



山茶花

11/24
昨日の寒さから一転

暖かい日差しが心地よい一日となりました。


それでも今日の最低気温は3.9℃ 最高気温は13.9℃

それほど高い気温ではないのですが・・・


我が家の山茶花は余り早く咲くことはないのですが

今年は早々と沢山咲き出しています。


もしかして 剪定をしなかったことが一因でしょうか。


毎年 何回か山茶花(生垣)の剪定をしているのですが

実は山茶花の剪定について初めて知ったことがありました。


今年の6月頃

夫の先輩宅にアジサイのアナベルを届けに行った時

その先輩の皮膚の異常さにびっくり@@!!


これでも良くなった方なんだとおっしゃっていましたが

原因を聞いてぞォ~っとしました。


その原因が中々分からなかったそうですが

なんと山茶花の剪定だったんだそうです。


8~9月に椿や山茶花の剪定をすると

目に見えない程の小さな虫がいて

それが原因で皮膚が黒ずみ全身に広がったんだとか・・・


だから造園業者の人は

その時季には山茶花、椿の剪定はされないとか・・・


そんな事とは露知らず 何十年と剪定してきた私

幸いにしてと言いましょうか 

そういう病気には罹らずにきたのは偶然だったのか・・・
 

そんな話を聞いて今年は一切 山茶花の剪定をせず

椿も花後にサッサッと済ませました。


家の前は人通りなので 

花を楽しんでもらえたらと山茶花を植えたのですが

どうしたものかと考えてしまいます。

花には罪はないのですが・・・

山茶花


山茶花


山茶花


山茶花




皇帝ダリア

11/23
昨年までは沢山植えていた皇帝ダリアですが

今年は場所替えをして

その場所には皇帝ヒマワリを植えました。


皇帝ダリアは以前から菜園でも育てており

庭には一株だけ植えています。


写真の皇帝ダリアは菜園のものですが

今日は朝から時雨模様

ちょっと止んだ間を縫って写したものの生憎風は止まず

綺麗な姿を収めることが出来ず残念!!

皇帝ダリア


皇帝ダリア


皇帝ダリア


毎年 皇帝ダリアの挿し木を100本単位で作っていたのですが
さて 今年はどうしようかと思案中 (?_?)

我が家の分は毎年元株から芽吹くので
来年も大丈夫だろうと思うものの
もしもの時用として
2,30本ほどは挿し木をしておこうかな~???



続きを読む

ヒメツルソバ

11/12
金平糖のような愛らしい花姿

咲くとかわいいな~って思いますが

植えるところを考えて植えないと増える・・・増える・・・


一時は沢山育てていましたが

今は大分整理しました。


写真に写っている花はいくら増えても

他の植物に影響ないところに植えています。

ヒメツルソバ


ヒメツルソバ


ヒメツルソバ

地を選ぶこともなく とても丈夫な花です。

ちなみに植わっている場所は石ころだらけの所です。




フジバカマ

10/19
フジバカマが咲くと

新聞紙上でもアサギマダラが来たとの投書が

目につくようになり

そんな投書を見かけるとソワソワしてしまいます。


お陰様で我が家にも毎年やってきています。


フジバカマという花に出会い

また きれいなアサギマダラの存在を知ったのも

ネットのお陰だと感謝するばかりです。

フジバカマ


フジバカマ


フジバカマ


フジバカマ

フジバカマはアサギマダラだけでなく
タテハチョウやミツバチなども好きなようです。
フジバカマにそれほどの蜜があるようには思えませんが・・・



キク科  宿根草
増やし方 : 株分け  挿し木



シュウカイドウ

09/24
あちこちに広がってしまったシュウカイドウですが

今年は強烈な夏の日照りに葉が焼けてしまい

醜い姿になった為 

思い切ってきれいな葉だけを残して

開花するまでに処分しました。


日差しが強すぎた後は雨の日が続き

残ったシュウカイドウもなんとか持ち直し

可愛らしい花をつけ とても嬉しく思います。

シュウカイドウ


シュウカイドウ


シュウカイドウ

※ 写真は撮った日がまちまちです。






シュウメイギク・ダイアナ

09/20
大好きな花であるシュウメイギクが満開を迎えています。

秋の気配を受けると共に咲き出すシュウメイギクが

風に揺らぐ風情は何といえばいいのでしょう。

とても惹かれる光景です。

シュウメイギク


シュウメイギク


シュウメイギク
この場所に植えているシュウメイギクは
昨年 花壇を作り替え 移動する予定だったのに
他の作業に追われて出来ず
今秋こそは・・・と、思っているのですが
出来るかどうか・・・

移植先はさて、どこにしようか???・・・


シュウメイギク


シュウメイギク


シュウメイギク
後ろ姿の色合いがすっごく可愛らしい 


キンポウゲ科  多年草
増やし方 : 株分け  種まき
別 名 : 貴船菊(キフネギク)




モミジバアサガオ

09/17
この朝顔は3㎝位の小さな花ですが

花よりも特徴あるのが モミジのような葉

名前はそこからきているようです。

モミジバアサガオ


モミジバアサガオ


モミジバアサガオ


別名は ウン??? 

アサガオなのにヒルガオ? 意味が分からない・・・

と、言いたくなる面白い花です。


ヒルガオ科  多年草(1年草扱い)
増やしかた : 播種  こぼれダネ利用
別 名 : タイワンアサガオ  モミジバヒルガオ(和名)



フヨウ

09/01
毎年の事ながら

よそ様のお宅ではもうとっくに咲いているフヨウですが

我が家ではやっとこさで2輪3輪と咲き始めました。
(写真は8月29日写したものです)

フヨウ

フヨウ


綺麗な花ですがフヨウは一日花

  儚い命・・・

それは何故(なにゆえ)なのだろうかと

つい花に向かって問いかけたくなります。

フヨウ


増やし方は 挿し木で増やせます。

育てるにあたって特に注意はいらなくて育て易いですが

年によって葉巻虫がつくことがあります。


━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

8月いっぱい 夏休みに入っていましたが
今日9月1日より復帰しましたので
またよろしくお付き合いくださいますようにお願いします。

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━




ナツズイセン

08/14
今日はお盆

静かな田舎にも各家々の門(かど)先には

他府県ナンバーの車が見られ

帰省の方々を待ち受けのご家族共々

笑顔があふれているように感じます。


我が家はお盆前にそれぞれ帰省、帰路へ

義弟夫婦も午前中に帰路につき

今は静かな時間を過ごしています。


その時間を利用して先日撮ったナツズイセンを

アップしておきたいと思います。

ナツズイセン


ナツズイセン


ナツズイセン


ナツズイセン

ナツズイセンは春に葉だけ出て その後枯れ
そして 夏になって今度は花だけが咲きます。

特にこれっといった注意することもなく
害虫の被害に遭う事もないので
とても育てやすい植物だと思います。


先日 地元新聞に
三田市のお寺には2万本のナツズイセンが咲いていると
載っていました。

ナツズイセン


ヒガンバナ科

増やし方 : 分球



※ もうしばらく 夏休みを継続いたしますが
   再開の折にはよろしくお付き合いくださいますように。


※ 今日の豊岡の気温 38.6℃(全国2位) PM15:20現在



ミソハギ

07/23
ミソハギは子どもの頃から知っている花で

見ていても安心感を感じる花です。


子どもの頃から何故知っていたかといえば

田んぼの畔あたりにも咲いており

その花を盆花として

お墓参りに持って行ったからなのです。


今はもうこの辺りでは

自生しているミソハギは見かけなくなりました。

耕地整理が進んだことも一因だと思います。


株分けだけでなく挿し木(挿し芽)でふやすことも出来

丈夫で育てやすい花です。

ミソハギ


ミソハギ


ミソハギ


ミソハギ


ミソハギ




アメリカリョウブ・ピンクスパイヤー

07/13
可愛らしい穂状の花が咲くアメリカリョウブ・ピンクスパイヤーは

暑さ 寒さにも強く

また 害虫にも強く育てやすい花です。


そして

成長著しい木ではないので 剪定する程の事もなく

手間がホントにかからないという

我が家の花たちの中の超優等生です。

アメリカリョウブ


アメリカリョウブ


アメリカリョウブ


アメリカリョウブ


アメリカリョウブ

↑  ↓ つぼみも愛らしく

どのような花が咲くんだろうとわくわく感を誘うような蕾です。

アメリカリョウブ


※ 新枝咲き




サンゴバナ

07/06
サンゴバナ


サンゴバナは昨年初めて育てた花ですが

残念なことに冬越しに失敗してしまいました。
(非耐寒性の植物)

諦めていたところ

いつも色々な花苗を送ってくださる

花友のMちゃんから届いた荷物の中に

サンゴバナの挿し木苗が入っていました。


わ~っ!! 
冬越しに失敗したことがどうして分かったのかな~??

そう思いながらもラッキー!!\(^o^)/ と

万歳\(^o^)/したのは言うまでもありません。


今年こそは挿し木苗をしっかり作らなくては・・・

サンゴバナ


サンゴバナ

それにしても 面白い花ですね~。

サンゴバナ・・・ 別名はフラミンゴプランツ


名は体を表す

この言葉がふっと浮かんできました。

命名者は天才ですね。(^^♪



増やし方 : 挿し木


※ 冬越しは室内で8℃以上(検索による)



ブッドレア・ピンクデライト

07/03
ブッドレア

ブッドレアが咲くと

バタフライブッシュという別名がある通り

大型の蝶がほのかな香りに誘われよく飛んできます。


花に誘われてくる小鳥や蝶々

花を育てる中での楽しみの一つですね。

ブッドレア


蝶といえばこの春に一日だけでしたが

アサギマダラがやってきました。

慌ててカメラを持ち出し追いかけたのですが

少しもジッとすることなく立ち去って撮れませんでした。

余談話でした・・・(^^♪


ブッドレアは強剪定しても芽吹くので

安心してカットできるので助かります。

暑さ寒さにも強いですし・・・


別 名 :  フサフジウツギ(房藤空木) バタフライブッシュ
増やし方 : 挿し木



モナルダ

06/23
モナルダが咲き始めました。

モナルダ

昨年より10日ほど早いような気がします。

今年は梅雨らしい梅雨が続き

その為かモナルダの葉が

軽いうどん粉病に罹っているような気がします。

別名を松明草(タイマツソウ)というだけあって

雨には弱いのかも??


モナルダ


モナルダ


モナルダ180623 (4)


モナルダ


モナルダ



モナルダ


シソ科  多年草

別 名 : 松明草  ベルガモット  ビーバーム

増やし方 : 株分け   挿し木(挿し芽)




カラー・ピンク咲

06/17
昨年までは大き目の植木鉢に植えていたのですが

昨年秋 引っ越しされたお隣さんが使わないからと

我が家に持ってこられた野菜を植えるような

大き目のプランターに植え替えましたが

今年も無事に開花の運びとなりました。

カラー


カラー


カラー


カラーピンク180617 (4)


カラー

冬は毎年 外に置いたままで(畑地性)
鉢の上にカラーの枯れた葉で覆っているだけですが
数年経った今も(母の日のプレゼント)毎年開花しています。

今冬は寒さが厳しかったのでドキドキしましたが・・・


増やし方 : 分球




カワラナデシコ

06/16
華やかな雰囲気を持ったカワラナデシコ

自生はもっと優しさがありますが

家で育てるとどうしても肥料を与える為

人工的な雰囲気になってしまいます。

カワラナデシコ


カワラナデシコ

他の花に押されたのか
それとも寿命が来ていたのか
今年は茎の立ちが少ないように感じます。

株の更新時になっているのかも知れませんので
今年は忘れないように
挿し木をして株の更新をしなければ・・・

カワラナデシコ


増やし方 : 挿し木(挿し芽)   種




アジサイ・ダンスパーティ

06/06
写真のダンスパーティは挿し木で増やしたもので

愛らしくその上に美しい姿は親譲りです。(^^♪


ダンスパーティは

日本のガクアジサイとアメリカの園芸種を掛け合わせて

出来たそうです。

ダンスパーティ


ダンスパーティ


ダンスパーティ


増やし方 : 挿し木





スイセンノウ

05/29
スイセンノウの別名はフランネルソウ

スイセンノウ

その名の通り

ネルのような葉ざわりとシルバー色の葉は

観る者を優しさへと誘います。


花の色はピンク、赤、白とあるようですが

我が家はピンクだけです。

スイセンノウ

こぼれ種が毎年芽吹いてきますし

害虫の食害に遭う事もなく丈夫な花で助かります。

ただ 

蒸れには弱いので水のやり過ぎには要注意ですね。

 ※ 白い花はオルレア




プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
椿 (3)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード