FC2ブログ
Category | 赤・オレンジ・茶色系の植物

キンレンカ

12/10
この寒い中

戸外でキンレンカの花が咲いています。

キンレンカ


咲く花が少ない今

咲く花を観ると寒さが吹っ飛ぶほどの

温かさを感じ とても愛おしく思います。


この花 6月頃に咲いた後に出来た種が自然落下し

咲き始めたものです。


キンレンカ


キンレンカ


別 名 : ナスタチウム


スポンサーサイト



ショウジョウソウ

09/18
こぼれ種を利用した花が多い我が家ですが

このショウジョウソウも毎年こぼれ種からです。

ショウジョウソウ


ショウジョウソウ


ショウジョウソウ


ショウジョウソウ


ポインセチアの親戚のような色合いで

一足お先にクリスマスムードを漂わせるような

雰囲気を持っています。


こぼれ種からの発芽は100%か?

と、思わせるような発芽率で一度植えたら

あとは大袈裟に言えば雑草のごとく生えてくるので

採種する必要はなく

病気にも害虫にも遭わず地も選ばずの

とても丈夫な花です。


トウダイグサ科   春蒔き1年草(本来多年草らしい)
増やしかた : 播種 
別 名 : クサショウジョウ
漢字表記 :  猩々草

※ 切ると白い汁が出てきますが かぶれの恐れあり



ワレモコウ

09/05
大好きな花吾亦紅

華やかさには遠いけれど

何故か惹きつけられる素敵な花なんです。


来年は沢山咲くように沢山挿し木をしなくては

と、思っています。

吾亦紅


吾亦紅


バラ科  多年草
増やし方 : 挿し木  株分け  種まき



フシグロセンノウ

07/20
フシグロセンノウの今季一番花2輪が咲きました。

フシグロセンノウ

フシグロセンノウ

特に美人!! という訳ではないのですが

オレンジ色が良く目立って存在感は抜群で

不思議な魅力があり惹きつけられる花です。


増やし方は

ナデシコ科なので種が出来るのでそれを蒔けばいいですが

挿し芽でも増やすことは容易です。

ちなみに写真の花は挿し芽で増やしたものです。


まだ咲き始めなので2輪だけですが

追々数を増やして開花となる筈なので

とても楽しみです。


育てている中での注意点は特にないですが

半日蔭辺りが適していると思います。



ヒオウギ

07/16
ヒオウギは野山に自生しているそうですが

残念ながら自生は見たことがありません。

野山に咲くヒオウギを観る機会があったなら

好きな花故 感動したことでしょう。


ヒオウギは京都の祇園祭りには欠かせない花で

軒先などに飾られる花だそうですが

日本的な雰囲気を感じる花だと思いませんか?


ヒオウギ

ちなみに花後、黒真珠のような実がつきますが

万葉集にも詠われており

古き時代から生き抜いてきている花故

逞しさも感じます。

ヒオウギ


ヒオウギ


増やし方 : 株分け   種まき(取り蒔き 咲くのは2年後)


※ 昨年の記事

ヒメヒオウギズイセン

07/07
よく増える植物の中の一つヒメヒオウギズイセン

花には申し訳ないのですが 処分せざるを得なくて

昨秋も思い切ってすっきりとしてしまいました。

花には何の罪もないのですが・・・

ヒメヒオウギズイセン

球根で増えていきますが
球根が増え混み合ってくると花は咲かないです。


ヒメヒオウギズイセン


ヒメヒオウギズイセン
つぼみ



多年草(球根)
別 名 : モントブレチア  クロコスミア


※ 関連記事

原種アルストロメリア・プルケラ

06/25
どういう訳かこのアルストロメリア・プルケラ は

同じ場所に元々は植えていたのに

咲くのは集団??で咲かず

あっちこっちとバラバラに咲くのです。

毎年の事ながら

なんでかな~??って不思議に思う花なのです。

原種アルストロメリア・プルケラ


原種アルストロメリア・プルケラ


原種アルストロメリア・プルケラ

原種アルストロメリア・プルケラ は地下茎で増えていきます。
それにしてもアルストロメリアは同じ地下茎で増えますが
あっちにバラバラ こっちにバラバラというような咲き方は
しないんですけどね。

こういう咲き方は我が家だけ??

原種アルストロメリア・プルケラ







アブチロン・ヒメリンゴ

06/13
アブチロンの花はどれも大好き (⋈◍>◡<◍)。✧♡ 💛

ヒメリンゴのこの真っ赤な色が可愛くて大好き!!

アブチロン

挿し木苗からなので

まだ年数も経っておらず小さいですが

綺麗な赤さに存在感は大きく

アブチロン

開花するとテンションが上がります。

アブチロン

このヒメリンゴは一鉢しかもっていないので

もう少し枝が張ってくれば挿し木をして

もしもの時用の苗を確保しておかなければと思っています。


冬季は室内に取り込んでいます。(暖房なし)








百合

06/06
この百合はずっと植えっぱなしで十何年来ていますが

他の植物にも押されながらも(特にシオン)絶えることなく

毎年のように花を咲かせています。


尤も 年によっては蕾の時に害虫の被害を受け

無残な姿になることもありました。


今年はお陰様で害虫の被害は無く

サイン (*^^)v をしながらのパチリです。

百合


百合


百合

※ 2018.6.5 写す







金宝樹

05/28
派手~な花といえばいいでしょうね この赤さは

ブラシノキ

我が家では異色の花ですが

とにかくため息が出るような素敵な庭でなく

なんでもかんでも植え込むのが主体の庭ですから

これでいいんです・・・(^^♪


あ、話が反れました。


派手な花ですが

よく見ると意外ときれいなんですよね。

元気をもらって草取り 頑張っています。

ブラシノキ


ブラシノキ


別 名 : ブラシノキ

増やし方 : 挿し木

 昨秋、挿し木したらみんな活着し 
 それぞれの新天地へと嫁いでいきました。




西洋シャクナゲ

04/30
真っ赤なシャクナゲはいつも車で花を売りに来ていた人が

たまたまそこを通りかかった折に居られ買ったもので

鉢植えにしていますが枯れる事もなく

お陰様で毎年庭に彩りを添えています。

西洋シャクナゲ


西洋シャクナゲ


西洋シャクナゲ


西洋シャクナゲ
足元は風知草に覆われています。
植えていないユキノシタも同居です。




フユシラズ

04/23
今回は育てるのを止めようかと思って

昨秋、種まきをしなかったので

今、咲いているのはこぼれ種からの発芽です。

フユシラズ

こうして咲いてみると

やっぱり来季は沢山育てようと思ったフユシラズです。

フユシラズ


フユシラズ

これで一株

フユシラズ


キク科  秋まき1年草



キンコウセイ

04/10
キンコウセイは多肉植物で

葉はふっくらとしていて可愛らしいし

また

寒さを感じるようになると赤く染まる葉は美しく

花も負けじと可愛らしいので

育てていても楽しい植物です。

キンコウセイ


キンコウセイ


キンコウセイ

増やし方 : 挿し木(挿し芽)  株分け  取り木




プリムラジュリアン

04/08
昔っからある様な色なので

懐かしさを感じるプリムラで

花壇の縁取りに今季は使っています。

プリムラジュリアン


プリムラジュリアン

株分けをすれば順調に増やすことが出来るので

花壇の植え込みにも苗不足にはならないので

助かっています。




ショウジョウソウ

08/27
通り道が狭くなるので処分しなければと思いつつも

今年もまたいつもの通り

こぼれ種からのショウジョウソウが両サイド

びっしりと生えてしまいました。

ショウジョウソウ


ショウジョウソウ


ショウジョウソウ

種ができるまでに引っこ抜きたいけれど

ここまで来たら 

もうしょうがない今年もこのままに致しましょ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


ガーデニングで感じることは

せっかく生えてきたんだから・・・の仏心は

結局は押し入れなどの片づけと同じ事かと・・・


すっきりとした庭にするには思い切った断捨離が

必要なんでしょうね。


断捨離で思い出しました。

7月末にお隣との境に高いフェンスが設置され

お互いに人目を気にすることがなくなりました。


これまで木を植えるにも

少しでも目隠しになるように・・・と、

そればかりを頭において植えていたので

不細工な密植にならざるを得なかったけれど

それがなくなったので少し余裕を持たせようと

大きく育った木々を思い切ってバッサリ!

また 草取りに翻弄されないように除草シートを敷いたり

少しずつ断捨離を兼ねて庭の改造を進めています。


そんなことをあれこれ考えるのが楽しくて

朝早く目が覚めてしまうのですが・・・






プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
椿 (3)
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード