Category | 挿し木(芽)

雨にあてましょ

05/30
朝6時前ごろから本格的な雨

こんな日は挿し木に雨をあてましょ

と、屋内に置いていた挿し木を外へ

この時季は挿し木の発根がいいので助かります。

挿し木


挿し木






スポンサーサイト

挿し木のバラ

05/14
昨年 挿し木したバラが咲きました。
バラの挿し木


色がはっきりとした美しいピンクのバラ

品種名は分かりません。


バラの挿し木
今年の4月に鉢上げしました。


バラの挿し木
こちらが親 ↑ ですが 親の方はまだ開花していません。






オオデマリの挿し木

04/23
昨年 

貴女のところにはなさそうだから

挿し木にするようにと近くの花友さんが

ピンクのオオデマリの枝をもって来てくださいました。


まだ残暑厳しい折だったので

無理かも知れないと思いつつポットに挿し木をし

そのまま すっかり忘れていました。(-_-;)


ところが

春になって冬越しの挿し木苗の整理をしていると

放ったらかし状態だったのになんと5ポットとも

芽が出ているのを発見!


植木鉢に植え替えたところ

その内の一つには花がつきました。

オオデマリ


ナント律義な・・・と思わずにっこり!!(*^_^*)


オオデマリってこんなにも強い植物だったんですね。





イレシネ・ピンクファイヤー

02/07
昨年 花友さんから届いたイレシネの挿し木苗

我が家においてはビックリポン!の色合いの植物ですが

育ててみれば馴染んできて

ヨシ! 来年は(今年の事)もっとたくさん増やしてみようと

秋じまいに挿し木をして育てています。


日中は陽さえ当たれば暖かいものの

夜間は寒く うまく育つかと案じていましたが

今のところ 大丈夫な様でひと安心

非耐寒性ですが 霜にさえ当たらなければ

意外と強いのかも知れません。

ピンクファイヤー
秋じまいにした挿し木


ピンクファイヤー

こちらは ↑ ↓ 
夏頃?の挿し木なので40㎝位になっており
春になれば 挿し木用に使う予定です。

ピンクファイヤー



メキシカンセージ活着

01/31
昨秋

挿し木していたメキシカンセージに

小さな蕾がつきしっかりと活着したようです。

挿し木をすることによって

新たな花の命が誕生💗するのですから

寒さで強張った顔も緩みます💚


また、育ちつつある苗木を見ると

早く庭仕事がしたくてウズウズしてしまいますが

さっき 庭の中を歩くと雪は深いところで

まだ長靴がすっぽりと埋まってしまいますので 

当分まだまだ先の事となります。((+_+))


メキシカンセージ

メキシカンセージ
写真右横にはアサリナの挿し木がありますが
これも活着したようです。




挿し木挑戦

11/25
台風21号に被害を受けながら

また早々とやってきた寒さ

そして よく降る雨にも負けず

シッカリ美しい花を咲かせた皇帝ヒマワリ 


今日はその皇帝ヒマワリを片付けました。


来年も咲かせたいと挿し木にしましたが

何年か前に育てた折には挿し木に失敗したことがあり

今回も不安ですが 

何とか1本でもいいから育って欲しいと願っています。

皇帝ヒマワリの挿し木


皇帝ヒマワリが植わっていた場所

皇帝ヒマワリが植わっていた場所
実はハヤトウリと同居していたのですが
ハヤトウリも全て片づけました。

来年は位置をずらし向きを変えようかと思っています。
まずは片付けてからの思案ですが・・・




挿し木(挿し芽)

10/24
今日は朝からいいお天気になり

台風21号に依って吹き飛んだ花など

出来るものを来季用にと挿し木(挿し芽)にしました。

霜が降る頃には家の中に入れますが

それまではこのまま

日当たりの良いこの場所で過ごします。

挿し木(挿し芽)


挿し木(挿し芽)


挿し木(挿し芽)

夏の花でも冬の寒い時季

暖房が効いた部屋でなくとも日当たりの良い室内で

水遣りさえ気を付ければ(凍結するので)

冬越しはできます。

勿論 絶対とは言えませんが・・・

ちなみに我が家は鉢物などと一緒に

縁側に置いています。


参考 : 挿し木した苗
アサリナ 葉物類 メキシカンセージ


☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

21号の被害修復

塀


ミモザ
ミモザはどうも不安定なので
雪が降ったらまた倒れるかも・・・
来春 花後には
思い切って下の分だけにカットするつもりです。

花桃は昨日自宅から5キロ離れた私有地に植え替えました。

あらら・・・

09/06
月下美人の株が随分と傷んできたので

今年は花を咲かせず更新しようと挿し木をし

暑さも峠を越したので植え替えをしなければ・・・と

見たところ

あらら・・・小さな蕾が2つもついているではないですか。

月下美人の芽


こんな小さいのに大きな花が咲いて大丈夫か・・・

そんなことより咲くかどうか・・・

月下美人の芽


月下美人の芽

大き目の鉢に移してもいいのですが

蕾を持った月下美人は意外と繊細

触ると蕾は途中でしおれてしまうので

仕方がない 行きつくところまでいかせてみましょ。

咲いたら儲けもの 

咲かずとも芽を見ただけでもラッキーなのですから。




朧月の葉挿し

05/16
昨秋 朧月を貰った折

触るだけで葉がポロポロ落ち

それを葉挿ししていましたが

新芽が出てきたのがたったの一つだけ

朧月の挿し芽

朧月の挿し芽

他の葉も腐っていないので
もしかしたら発芽するかも知れないと
そのままにおいています。


参考 : 朧月の花は こちら


挿し木苗

03/26
昨秋 挿し木をしていたゼラニウムを鉢上げしました。

どんな色だったか??

咲いてのお楽しみとなってしまいました

ゼラニウム 鉢上げ


ダンスパーティーの芽吹き
こちらはアジサイのダンスパーティーの挿し木苗を昨秋植え替えしました。
根が凍結しない様にと周りにはこぼれ種からの
ビオラを植えこんでいます。
今朝見ると小さな芽が出ており 無事活着したようです。 ↑  ↓
ダンスパーティーの芽吹き
もう少しアップしてみました。 ↓
ダンスパーティーの芽吹き

ダンスパーティーはこのような花が咲きます。 ↓  2016年写す

ダンスパーティーの花 2016年写す


皇帝ダリアの挿し木

03/09
昨秋 挿し木していた皇帝ダリアの芽が出てきました。

屋内管理にしては

今年は芽出しが少し遅れているような気がしますが

暖かくなるにつれて動きが出てくるでしょうから

心配はしていません。

皇帝ダリアの挿し木

皇帝ダリアの挿し木

皇帝ダリアの挿し木


地中に埋めた(戸外)皇帝ダリアの発芽は

まだまだ先の事となります。


黒法師の挿し木

01/18
これまで育てていた黒法師が

背高のっぽになって鉢の中 とても不安定なので

黒法師2014年11月

   元株   - 2014年11月21日 写す -

黒法師2014年11月

コンパクトに育てたくて

昨秋 全て切り取って挿し木にしました。

今は室内で育てていますが 無事に根が出てきたようです。

黒法師の挿し木


黒法師の挿し木

春、霜の心配が無くなれば本植えにします。

黒法師は日陰に置くと緑が多くなり 

陽が当たるところでは黒色に変わっていきます。


皇帝ダリアの挿し木

12/12
今日 伐り倒した皇帝ダリアの挿し木をしました。

皇帝ダリア挿木161212 (1)

   挿し木用にカットした皇帝ダリア


皇帝ダリア挿木161212 (7)

挿し木 メイン ・・・毎年この場所でこのようにして挿し木し越冬しています。
この場所とは温室なのですが電源は入っていません。
2月頃だったか凄い冷え込みで出ていた芽が全て真っ黒になってしまい
急いで上から土を被せ 何とか新しい芽が出てホッとした経験があります。


ここから下の  写真は戸外で畑に埋め込んでの苗づくりです。
(挿し木用の茎が余ったので・・・)

皇帝ダリア挿木161212 (2)

皇帝ダリア挿木161212 (3)

皇帝ダリア挿木161212 (4)

埋め込んだのは3列 120本
こんなに植えて みんな成功したらどうすんでしょうね???

上から土をしっかり被せています。  
陽当たりもよいのでまず大丈夫だと思いますが
寒さが厳しくなる様ならビニールシートか何かで防寒するつもりです。
皇帝ダリア挿木161212 (6)


皇帝ダリアの挿し木

12/03
11月27日にブログアップした皇帝ダリアを挿し木しました。

皇帝ダリアの保存方法はいろいろありますが

今回は写真のようにすでに芽吹いているので

全体を地中に埋めるのではなく 普通に挿し木にしました。


既に新芽が出ており

 このままだと春までにどの位 葉が育っていくのでしょう。

 無事に越冬できればいいのですが・・・

勿論 越冬は戸外でなく 屋内でします。

皇帝ダリアの挿し木

皇帝ダリアの挿し木

余談ですが
今年初めて育てた人があり
咲いた 咲いたと大喜びの報告がありました。

その人たちとは別にもう一人
今年初めて挑戦したYちゃんも やっと咲いて嬉しくってと
ニコニコ顔で夫に報告があったようです。

道縁の家なので 
昨日、車で通りがかりにチラッと見ると咲いていました。
たったの一輪だけ・・・でしたが・・・

でも
その一輪がYちゃんの心を喜びでいっぱいにしたのだと思うと
こちらまで嬉しくなります。

咲いた一輪の皇帝ダリアも喜んでくれてありがとう と
きっと家主さんに感謝していることでしょう。

差し上げた人たちからの喜びの声に私も幸せ気分でいっぱいです。

プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード