Category | カ行の花&木

クレマチス:プリンセスケイト

06/20
クレマチス:プリンセスケイトは

昨年 花友さんのブログで

HCに売られていることを知り

1ポットしかなかったので残り物に福ありかな? と

思いつつ購入しました。(@700)


2011年に発表され当時はとても高価だったようです。


今年初めての開花なので今はまだ花数は少しですが

沢山花をつける品種との事

また

赤紫の蕾が開くと内側は白

側面は赤紫・・・

プリンセスケイト

まるでチューリップを思わせるような愛らしい花姿に

毎朝観る楽しみが増えました。

プリンセスケイト


プリンセスケイト


キンポウゲ科   ツル性多年草(耐寒性)
テキセンシス系(新枝咲き・強剪定タイプ)



スポンサーサイト

キンレンカ

06/11
蓮の葉のような葉っぱも愛らしいキンレンカ

つる性の1年草ですが

キンレンカ

花の為には花後は花ガラを摘み取るのがいいのでしょうが

花後に出来る種を採って またすぐに蒔くことを

繰り返しながら通年育てています。


勿論 冬は室内ですが

陽の当たる場所に置いていると冬でも開花しますし 

葉が可愛いので癒されます。

キンレンカ


キンレンカ


キンレンカ


ナスタチウム科  1年草

増やし方 : 種   挿し芽
            (コップに入れていても発根します。)
別 名 : ナスタチウム

 肥料の過多・・・花付きが悪い



ギリア・トリコロール

05/11
たまたま立ち寄ったお店で買ったギリア・トリコロール

どんな花が咲くかとワクワク

ところがもうすぐ開花という時に強風が吹き

気が付いた時は既に遅し!

倒れてしまいました (+_+)


1年草なので種が採れるといいのですが・・・

ギリアトリコロール

可愛らしい花ですね。

ギリアトリコロール


ハナシノブ科  秋蒔き1年草

別 名 : アメリカハナシノブ



クレマチス・アンドロメダ

05/08
白地にピンクの線が入った美しいアンドロメダ

大輪なので存在感はバッチリ!のクレマチスです。

昨秋 この場所へ移動したのが良かったのか

今年は勢いもよく花付きも随分とよくなりました。
写真では全体を写していないのでそう見えないですが・・・

来年が楽しみです。


クレマチス・アンドロメダ


クレマチス・アンドロメダ


キンポウゲ科  
早咲き大輪系(パテンス系  旧枝咲き  弱剪定タイプ)




カランコエ(八重咲)

03/26
母の日のプレゼントで

寄せ植えの鉢の中に入っていた

花の中の一つカランコエが冬を越し

ここにきて開花となりました。

カランコエ

八重咲なので(ブロスフェルディアナ系)

バラの花をコンパクトにしたかのような花姿は

とても愛らしく微笑ましく感じます。

カランコエ


カランコエ


カランコエ


カランコエ


ベンケイソウ科   多肉植物多年草

増やし方 : 挿し木(挿し芽)

鉢植えで育てています。
冬季は室内ですが暖房はなく
お日様任せの冬越しです。



カンアオイ

03/12
今年はカンアオイが咲かないな~と思っていたのですが

鉢の中の葉っぱを除けてみると

わァ~@@ ビッシリ混み合って咲いていました。

カンアオイ


葉は寒さですっかり傷んでしまって美しさはありませんが

咲いていてよかったあ~とホッとしています(^^♪


カンアオイの種類は沢山あるようですが

我が家のはどの品種なのか分かりません。

検索して 

これかな? と思えるようなものはありますが

同定は出来かねるので品種名無しのアップです。

カンアオイ
横から見るとこんな感じです。


カンアオイ


カンアオイ


ウマノスズクサ科  常緑性の多年草
増やし方 : 株分け  種まきも出来るようですがしたことはない


皇帝ヒマワリ

11/11
何年か前にいただいて

皇帝ヒマワリを育てたことはあるのですが

皇帝ダリアと同じく挿し木にしたものの失敗

それ以来の久しぶりの皇帝ヒマワリを

一株いただいて育てました。


順調に育ち あとは開花を待つのみ・・・

と、いうところまで来た段階で

悲しいかなやってきたのは台風21号


吹き荒れた台風が去った後には

株が掘り上げられ横たわった姿がありました。

皇帝ヒマワリ

皇帝ヒマワリ


立て直そうと思ったのですが

うまい具合に横たわっているので

無理に起こして傷めるよりも

このままの状態で

花が咲くのを見届けることを決意しました。


案の定 思った通り無事に開花

皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ

本来なら見上げるのですが

横たわっているので 目の高さで見ることが出来

ラッキー♪~♪

霜が降りるまでに開花となってホッとしています。


が、来週は3℃まで気温が下がるとの事

霜の恐れがありビクビクしています。


以下の写真は昨日(2017.11.10)写したものです。 
           ↓

皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


皇帝ヒマワリ


キク科  多年草
増やし方 : 挿し木
別 名 : ニトベギク

種も採れるらしいですが 前回の時
種が熟すまでに霜でダウン!だったので確認できず








菊・セイリベロ

11/03
菊づくりは苦手で昔からある

お仏壇にお供え用の小菊があるだけでしたが

ネッ友さんから 

セイリベロという菊の挿し木苗が送られてきました。


その菊が何とか咲き 

その花を見た時

よォ~し!! 来年は挿し木で増やし
もっとたくさん花が咲くようにしよう・・・と

菊が苦手な私にやる気を植え付けるような
とても愛らしい花との出会いとなりました。


セイリベロ


セイリベロ


セイリベロ


セイリベロ


そういえば 

この春に知人からいただいた菊苗

見事な景色を作り上げました。

なんだか今年は菊に縁が出来たような年となりました。



コンギク

10/25
コンギクの花の色は素敵で

好きな花の一つです。

コンギク


コンギク

秋にこのような花が咲くと

花瓶などにド~ンと生ける贅沢な楽しみ

だからこそ花づくりは楽しくて止められない


真夏の草取り 剪定 水遣りなどのしんどさも

忘れてしまいます。


キク科  宿根草
増やし方 : 株分け  挿し木(挿し芽)

10/22
これまで菊を育てるということはなかったのですが

知人からほっといても丸くなり育て易いからと

菊苗をいただき 植えたものが写真の菊です。

菊


本来なら丸くなる筈ですが

沢山貰ったので間隔を狭くして植えた為

全部繋がってこれはこれで華やかさが出て

いい雰囲気となりました。

菊


菊


菊







キバナアキギリ

10/05
花が終わったマリーゴールドや団子菊を片付けると

出てきました キバナアキギリがボロボロになって(-_-;)

あ~ そうだった こんなところに植えていたんだと

思い出しても もう遅い!!


春先 ここならと植え込んだのに大失敗

植え場所を替えなくては・・・

キバナアキギリ


キバナアキギリ


キバナアキギリ


キバナアキギリは挿し木で増やすことが出来ます。
勿論 種も出来ますが・・・挿し木の方が確かだと
個人的にはそのように思います。

キバナアキギリは多年草ですが
霜が降りたら地上部は朽ち 春になって芽吹いてきます。

育て方はアキギリと同じく半日蔭が適しています。
日当たりが良いと葉焼けします。





カランコエ・ティルシフローラ

09/28
カランコエ・ティルシフローラが我が家にきてから

もう何年前になるのかな~? 

10年は経っているかな~??


カランコエ・ティルシフローラ(トウイン)は

知人がナンバンギセルのお礼だと言って

見事な仕立てを自宅まで届けてくださったものです。


なのに育て方に問題があったのか

だんだんみすぼらしくなってしまいガックリ_| ̄|○


今年は何とかきれいな葉が見事に揃い

上手くいったと喜んでいたら

また葉が汚くなって

情けない姿になってしまいました。


それでも何とか花がしっかりとつきホッとしています (^O^)/

トウイン


トウイン


トウイン


別 名 : 唐印  銀盤の舞
増やし方 : 挿し木(挿し芽)  

☆ 種からも増やせるらしいがしたことはなし。





銀木犀

09/26
もう金木犀 銀木犀が咲く季節になってきているんですね~。

我が家には

金木犀はないのですが(苦手) 銀木犀はあります。


以前住んでいた庭には大きな銀木犀の木がありました。

その銀木犀の傍で咲いていた小さい木を

現在地に移植しました。


もうずいぶんと年月が経っているのに

多少は大きくなっているのだと思いますが

目立った成長を感じずにいます。

銀木犀

それだけに花が咲くと嬉しくなります。

銀木犀


     銀木犀


銀木犀

銀木犀は金木犀のように香りが強くはなく

どちらかといえば上品な香りです。


モクセイ科   常緑樹


☆ ちなみにこの銀木犀にセッコクを着生させています。



ゲンノショウコ

09/10
ゲンノショウコに

写真のようなピンク色があると知ったのは

16,7年前だったでしょうか。


京都に行くため国道9号線を走っていたら道縁に

きれいなピンクの花が目に留まり

カメラに撮ってHPに何の花かと載せた時に

ゲンノショウコと教えていただきました。


小さい頃から知っているゲンノショウコの花といえば

白い色だったんです。


あの頃は田舎故 

畑、あぜ道などいたる所に生えていましたが

白花のゲンノショウコが当たり前で

ピンクのゲンノショウコは全くありませんでした。


やがて但馬の山歩きをするようになって

但馬でもピンク色のゲンノショウコがあることを知りました。

ゲンノショウコ


ゲンノショウコ



コムラサキ

09/10
コムラサキの実が色づいてきました。

しかし

まだ青々したものや

青い色から薄紫へと変貌しつつあるものなど

同じ庭の中なのに木によってまちまちです。

植物も人の世界と同じく

それぞれが個性なんでしょうね。

コムラサキの実170910 (1)

色づいたコムラサキの実は美しいですね。


コムラサキの実170910 (2)


コムラサキの実170910 (4)


コムラサキの実170910 (3)

花は6月頃咲きます。



カリガネソウ

09/09
斑入りのカリガネソウは先日アップしましたが

今回は普通のカリガネソウです。

花は斑入りと同じ形なのですが

葉だけが違うだけなんです。

カリガネソウ


この種は山野草で自生しているそうですから

目にされた方も多いかと思いますが残念ながら私は

見たことはありません。 (-_-;)


カリガネソウ


カリガネソウ


シソ科  宿根草
増やし方 : 挿し木(挿し芽)  株分け
別 名 : 帆掛草

挿し木で簡単に増やすことが出来るので
我が家 あちこちに植えています。

また この品種も独特の臭いがありますが
触らなければ特に不快感は感じません。
でも臭いからイヤだ! と
言われる人もありますけどね(^_-)-☆



コリウス

08/30
品種名を検索してみたのですが

近いような感じはあるものの

ちょっと違うかな~と思えたりで同定できません。

また分かった時に品種名は書くことにして

一応アップしておきたいと思います。

コリウス


     コリウス



コリウス・ミッドナイトグリーン

08/29
表側は緑

裏側は紫蘇の葉と同じような色

なかなか面白い組み合わせのコリウス・ミッドナイトグリーンです。

   コリウス・ミッドナイトグリーン

今年はコリウスの魅力に嵌まってしまい

これから挿し木(芽)をたくさん作って

来年は

コリウスを主体とした花壇を作ってみようかと思案中です。

その為には挿し木苗の冬越しをきちんとしなくてはなりませんが

寒冷地の当地に於いては毎年

他の鉢物など置き場所に四苦八苦しているのが現状故

上手くいくかどうか心配ですが

まあ やれるだけのことはやってみるとしますか・・・

とは

お気楽トンボの管理人の心意気??です。(^^♪

コリウス・ミッドナイトグリーン

     コリウス・ミッドナイトグリーン


シソ科  多年草(非耐寒性の為1年草扱い)
増やし方 : 挿し木  水差し  播種








カクトラノオ

08/26
夏の花の一つで宿根草ですが

繁殖力が強く

また

種が飛んで思いがけないところでも咲き出し

ほかの花の陣地侵入もあるので

時には目を瞑って引っこ抜くこともあります。

実は

写真の場所はカリガネソウを植えていたんですが

いつの間にかカクトラノオの居場所となってしまいました。(-_-;)


カクトラノオ


カクトラノオ


シソ科   宿根草
増やし方 : 株分け  挿し木(芽)  播種
別 名 : ハナトラノオ(和名)





桔梗・白花

07/28
秋の七草のひとつ桔梗が

暦の上でもまだ秋にならないこの時季に

ひと足お先にと開花となりました。

桔梗 白花

暑い暑い毎日ですが 
秋を知らせる花が咲くとホッとします。

桔梗・白花


桔梗・白花


キキョウ科  多年草
増やしかた : 挿し木(芽)  株分け  種まき


プロフィール

tazimanosato 

Author:tazimanosato 
兵庫・但馬の國に住んでいます。
有るものを利用しながら一年中楽しめる何でもありのナチュラルな庭作りを目指しています。備忘録を兼ねたブログです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード